光回線IPV6方式のONUとルーター設定のポイント

査定君
査定君

ネット上には、IPV4方式やPPPOEなどの旧情報が溢れており、IPV6の設定の流れがイマイチわかりずらいようです。最新のIPV6方式は設定は簡単になりましたので、設定内容を整理します。

IPV6対応

従来のIPV4方式では、システム的な制約から、夜間などの混雑時の遅延などが発生していました。、IPV6では、システム的に余裕があるため、混雑などの影響を受けず、重い動画などのインターネットコンテンツを扱える方式。

  • インターネットの回線契約は、IPV6方式で申し込み済であること
  • ルーターがIPV6に対応していること

の2点が必須です。

ホームゲートウェイ(ONU)は、どんなカタチか

ルータータイプ

ひかり電話セットで申し込むと、この光回線端末+ひかり電話+ルーター機能を持った機器が送られてきます。今回は、光電話なしタイプの説明であるため、参考までに載せています。

  • ルーター機能有り:背面にLAN端子が沢山付けられる穴が空いている。
  • 光回線用の端子がある。
  • 電話機用の端子がある。

光回線端末(ONU)のみタイプ

最近では、携帯の普及で固定電話を廃止する方も多いでしょう。
ひかり電話無しで契約すると、ONUのみのタイプが送られてきます。

  • ルーター機能無し:背面にLAN端子は一つのみ。
  • 光回線用の端子がある。

光電話なしのIPV6接続の流れ

全体の配線図

以下の図は、光電話の無いONUです。LANケーブルを指す穴は一つしかありません。
ONUは、回線終端装置やホームゲートウェイと呼び、機器はNTT製が多いでしょう。

図1

手順(マンション工事済の例)

  • 光電話無しの光回線とプロバイダをそれぞれ契約済
  • 光回線端末(ONU)が契約業者から自宅へ送付済である。
  • 光回線端末(ONU)のみタイプであることを確認する。
  • 壁に設置された光端子と光ケーブルでONUと接続し、電源ON。
  • IPV6対応市販ルーターを準備する。(2021年製造以降のモデルなら、ほぼ対応)
  • ルーターの背面の設定を「Rooter」とする。(新品なら変更不要)
  • 市販ルーターへ、PCやスマホをWifi接続する。(ルーターのマニュアルを確認)
  • PCやスマホから、ルーター内の管理画面を開く
  • ルーターの設定画面へログイン
  • IPV6設定を行い、設定を保存
  • ONU背面のLAN端子へ、LANケーブル端子の片方を接続。
  • もう片方のLANケーブル端子をルーターのWAN端子(ブルー)へ接続
  • インターネットの開通通知が来れば、インターネットに接続可能

 

IT関連
スポンサーリンク
シェアする
査定君のくるま情報