WordPressでSqliteが使えない理由と対応策

MySQLが使えないサーバーでワードプレスを使う

MySQLが使えないサーバーですが、SQLITEが使えるサーバーや契約の方も多いでしょう。
(さくらのライトプランなど)
また。MySQLの制限個数を使い切ってしまったケースでもSQLITEが最適です。

SQ-liteならワードプレスで使える

そんな方へSQLITEのDBだけでワードプレスを使う方法を解説します。

ワードプレスはサポート対象外

ワードプレス自体はSQ-Liteの使用は認めていませんのでプラグインを経由して、疑似的にSQ-Liteを使用するイメージです。

さて、ワードプレス未経験者の方にとっては、ネットに転がっていたSQ-Lite手順だけでは、たぶんログインエラーで止まってしまうような粗削りな情報が多いようです。そこで、以下に整理してみました。と言ってもハードルは高いかもしれません。

インストールの方法

  1. WordPress日本語 のファイルをダウンロードして、解凍。
  2. 「SQLite Integration」 をダウンロードして、解凍。
  3. を、wp-content\plugins\sqlite-integrationへコピー。
  4. sqlite-integration\db.php を wp-content\ へコピー。
  5. トップにあるwpconfig-sample.phpを開く
  6. 認証用ユニークキーの項目へ、https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/
    にアクセスして、発行された内容をコピペして保存。
  7. PCの内容をサーバーへ丸ごと転送する。
  8. 自サイトurl/wp-config.php をブラウザから指定して、ログインする。

という流れでログイン成功までたどり着けました。

SQ-Liteのデメリット

プラグインが動かない

動かないプラグインや過去に動いていたが、動かなくなるプラグインもあります。

MySql用のDB処理、関連記事や人気記事などの集計操作が出来ない場合があります。ただし、Top10、Relatedpostなど、Sq-lite上でも動く、代替プラグインが必ずありますので、一つのプラグインが動かない場合、他で同一機能のプラグインを一通り試してみましょう。

過去に動いていたケースでは、不具合命令の修正方法を解説しているサイトもあります。

処理負荷が高く、表示が遅い

google検索では、表示スピード重視の傾向となっています。

Sqliteは、処理が重く不利です。一日数万アクセスを超える場合で、遅いサーバーの場合は閲覧スピードが遅い可能性もあります。キャッシュプラグインなど一通り試す方法もあります。

2020年時点、SQLite Integrationのサポート切れ

SQLite Integrationの公式サイトからのダウンロードが出来なくなっています。

大手サーバー自体は、SQLiteの稼働は可能ですので、ワードプレス最新版での稼働(2021/3)は可能です。

SQLite Integration のダウンロード

公式ダウンロードページはクローズしており、以下のGithubからまだダウンロードができます。

GitHub - jumpstarter-io/wp-sqlite-integration: Jumpstarter fork of https://wordpress.org/plugins/sqlite-integration/developers/.
Jumpstarter fork of - GitHub - jumpstarter-io/wp-sqlite-integration: Jumpstarter fork of

今後の停止不可に備えて

ワードプレスのエクスポート・インポート機能を用いて、MySQLへの移動も可能です。便利なプラグインも多数ありますので、DBベースの移行よりもツールに頼った方が良いです。

  • 今後、仮に動かなくなった場合
  • ワードプレスのバージョンを元に戻し、移転サイト構築まで稼働
  • データをエクスポートする

SQ-Liteが使用可能なCMSは多い

ワードプレスに比べて、利用者数は激減するもののCMSとしてSQ-Liteをサポートしているものが、いくつかあるようです。これらを正式に利用するのも手ではないでしょうか?

PHP Ver7.x用のパッチ

SQLiteでWordPressを使う『SQLite Integration改造版』

上記にて、1.81.のPHP 7.x用ファイルが提供されています。
PHPのバージョンが一致する方は、対応することを推奨します。以下が手順になります。

  1. 上記サイトにて、Downloadボタンをクリック
  2. グリーンの「Code」ボタンから、「ZIP」をDownload
  3. 解答してそのまま、「wp-sqlite-integration-master」のフォルダをpluginフォルダへコピー
  4. ワードプレス上のプラグインメニューで、旧sqliteを無効化
  5. 今回入れた新sqliteを有効化にて、稼働開始!
IT関連
スポンサーリンク
シェアする
査定君のくるま情報

コメント