新型レヴォーグは失敗!デザインがダサイ理由

査定君
査定君

2代目の新型レヴォーグは、カーオブザイヤー受賞にも関わらず、売れないようです。「ダサい」「ブサイク」「かっこ悪い」「 旧型の方が かっこいい」などの声も聞かれます。失敗の原因は、デザインに問題あるのか、理由を解説します。

新型レヴォーグ2代目が売れない理由とは?失敗なのか?

初代レヴォーグの成功

SUBARUのステーションワゴンモデルは1989年以降、長らくレガシィが担っていましたが、日本国内市場専用車として一回り小型のインプレッサを基に開発され、レガシィに代わるSUBARUの日本国内における旗艦車種に位置付けられているモデルが、初代レヴォーグです。5代目レガシィがボディの大型化により低迷していただけに、後継となるレヴォーグは、販売的にも成功を収めました。

初代が売れた理由はデザイン

ボディサイズやメカニズムを列挙する評論家のコメントはどうでも良く、力強いグリルと「コの字」のLEDライトやテールのデザインが新鮮でカッコ良かった。デザインの完成度がズバ抜けていた。これに尽きるでしょう。振り返れば「旧型の方がカッコ良かった」の意見になるようです。

2代目の販売低迷

2代目レヴォーグは、2020年10月に発売され、月間販売目標2200台という初年度目標をやや下回る販売実績となっています。コロナ影響と半導体の不足による生産量不足により、販売台数が減少している要因もありますが、インプレッサやフォレスターに比べて、明らかに販売台数のランキングが劣る・低迷する理由にはなりません。

新型レヴォーグはダサい?かっこ悪い?買って後悔した?

【プチ調査】新型レヴォーグはダサい?かっこ悪い?買って後悔した? (haisha-help.com)

要するに、「新型レヴォーグはダサい」「新型レヴォーグはかっこ悪い」「新型レヴォーグを買って後悔」といったディスる言葉の数々は、例によって新型レヴォーグを買いたくても買えない人の嫉妬心が根底にあるものと思われます。

あるいはカーオブザイヤー受賞(2020-2021)という栄誉に対するやっかみもあるでしょう。

後述する販売台数の低迷は、上記の推察とは全く異なり、買いたいと思わせないと考えるべきでしょう。旧レヴォーグユーザーの買い控えだけでなく、せっかくのカーオブザイヤー受賞効果による他社ユーザーからの流入すら無いのです。これは、明らかにデザイン失敗の影響なのです。

買えない人の嫉妬心が根底?

「買えない人」ではなく「デザインが残念で、購入を止めた人」が正しいです。
「嫉妬心」ではなく「デザインで、がっかり」が正しいです。
レヴォーグ購入対象者にとって、車の性能と価格設定も非常に納得感がある内容です。
ただし、デザインがカッコ悪くて購入を見送る・・・ただそれだけの理由です。

確かに、新型レヴォーグの燃費の悪さはダサいです。平均で10キロ前後ではないかと思います。今どき超ダサい数字です。

あえて、伏線を張っている説明ですが、スバル車をご存じならスバル車に対して、燃費で多大な期待を持って購入しようとする方は少ないでしょう。当然、旧1.6ターボから新1.8ターボで排気量アップの影響もあります。よって、売れない原因として燃費を挙げる方はいないでしょう。

カーオブザイヤーも台無し

初代レヴォーグに対して、納得の進化がカーオブザーイヤー受賞に結びついたと言えます。310万円スタートの価格設定に割高感を感じるユーザーはいないでしょう。
インプレッサやレガシーとの車格的な価格設定の関係、ライバル車との価格関係から突出して高いとは言えません。よって、「買えない人の嫉妬心が根底ある」などという意味不明の分析は該当しません。
車は悪くないのに「価格設定を誤っている」はホンダシビックが典型例でしょう。それは、買えない人の嫉妬心ではなく「価格と釣り合わないから購入を止める」という心理です。(ブランドイメージ価格が追い付いていない)
今回のレヴォーグに関しては、「内容と価格は釣り合ってる、だけどデザインがダサイ」です。

レヴォーグの年間販売台数推移表

先代モデルの末期、2018年~2020年も月販1000台とそれなりに健闘していたことがわかります。
2021、2022年の総台数は部品供給の問題で目標未達となっています。

販売年 販売台数
2022年 14,275台
2021年 25,439台
2020年 12,111台:11/28に2代目発売
2019年 12,718台
2018年 15,685台
2017年 23,072台
2016年 24,184台
2015年 29,484台
2014年 30,258台:初代発売

50位ランキングからの脱落の衝撃

カーオブザイヤーも獲得した、レヴォーグの売れなさ過ぎを誰が予想できたでしょうか。
(部品不足による生産調整の影響もあるかもしれませんが)
モデル末期のホンダシャトルにも抜かれる結果です。とうとう、2022/5は、50位ランキングの圏外に落ちる結果は、あまりにも酷いでしょう。これは、「ブサイク・デザイン」がもたらしたレヴォーグ離れではないでしょうか。

2022年4月
順位 ブランド通称名 ブランド名 台数 前年比
17 インプレッサ SUBARU 2,696 115
25 フォレスター SUBARU 1,568 154
32 シャトル ホンダ 854 72.6
36 レヴォーグ SUBARU 792 41.4
2022年5月
順位 ブランド通称名 ブランド名 台数 前年比
21 インプレッサ SUBARU 1,925 84
31 シャトル ホンダ 894 98
37 フォレスター SUBARU 783 60.7

2020-2021日本カーオブザイヤー受賞なのに、デザインで台無し

新型レヴォーグは、「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」を採用し、スバル独創の運転支援装置であるアイサイトをアイサイトXに進化させたことなどが高く評価されています。
車の完成度や内容としても受賞の結果は、正当に評価されていると言えるでしょう。
メカニズム的にもスバルユーザーだけでなく、評論家やスバル以外の自動車好きをも引き付ける魅力満載の内容です。

メカニズム的には魅力満載

2020-2021日本カーオブザイヤー受賞モデルであり、価格、エンジンパフォーマンス、安全装備などに、全く死角はありません。欠点を探し出すことが難しいレベルでしょう。全てにおいて、合格点以上を獲得している出来と言えます。

  • 日本にベストマッチのボディサイズ
  • 安全装備、自動運転の先進性
  • 新1.8Lターボエンジンによる十分なパワー
  • 2020年基準として、見劣りしない11.4インチ大画面のセンターモニター

なのに「ダサイ」フロントマスク(小さいライト)

これだけ、死角の無い、欠点の無いモデルです。
しかし、残念なのが「小さいライト」と「離れ目のライト」です。
これが、レヴォーグの販売低迷を招いた根本原因となり、「ダサイ」と言われる理由になります。
グリルを中心とした流れるラインによるデザインを優先したため、取って付けたかのようにライトが隅に追いやられ、ライトが離れ目・小さい目となりブサイク感を強調してしまいました。
戦艦アンドロメダとは、アニメ宇宙戦艦ヤマトに登場する地球防衛軍の主力戦艦のフロント主砲形状を形容した表現となります。

ブサイク殿堂入りのレクサス2代目isの初代モデル

フロントグリルのデザインは完成の域ですが、ライト離れ目、目が小さいという、レクサス・スピンドルグリル初期の大失敗デザインです。レクサスISというメルセデスCクラス、BMW3シリーズに相当する量販Dセグメントのレクサス屋台骨モデルを大失敗に導いだ「レクサスの殿堂入り大失敗デザイン」と共通点が多いです。
これら、自動車デザイン黒歴史の代表例をスバルデザイナーが知らなかったのでしょうか。残念です。

ハイブリッドモデル未設定が販売不振の理由ではない

元々、スバルユーザーがハイブリッド(HV)車を指名買いとしているわけではありません。燃費優先ならトヨタ車を買えばよく、スバルユーザーは、スバル伝統のメカニズム、機能性重視なのがスバル車指名買いの理由です。レヴォーグに燃費最優先のHV車が欲しいというニーズは否定しませんが、ここまで売れない理由として掲げる自動車評論家の知識不足は呆れてしまうレベル感です。

レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退

レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退 | トレンド
スバル・レヴォーグがフルモデルチェンジで2代目となった。初代レヴォーグの発売は2014年。それまでスバルの中核を担ってきたレガシィの車体寸法が大きくなりすぎ、国内の交通事情に合わなくなったことで、代替モ…

カローラワゴン、ホンダシャトルを見れば地味ながらも着実に売れていると思われ、衰退という分析が誤りでしょう。1強との分析記事は、売れない2代目の原因すら正しく分析できない記事です。

HV不在で販売苦戦「レヴォーグ」発売1年通信簿

HV不在で販売苦戦「レヴォーグ」発売1年通信簿 | トレンド
スバルの3ナンバーステーションワゴンである「レヴォーグ」が、昨年10月にフルモデルチェンジを正式発表してから1年が過ぎた。新型レヴォーグは、「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」を採用し、スバ…

電動化の遅れやハイブリッドモデルの未設定を不振の理由に掲げる評論家(御堀 直嗣氏)のコメントには違和感がありますね。

燃費性能は、スバルユーザーにとって優先順位は低い

1.8ターボ、4WDと考えれば妥当な水準でしょう。他メーカーFFワゴンと比較するのはナンセンスなレベルと言えます。昔からスバルユーザーにおいて、燃費性能の優先順位が低いことは言うまでもなく、それを求めるなら既に他メーカーに流れているでしょう。

「DYNAMIC×SOLID」スバルデザインの方向性

インプレッサに見るデザインの方向性

2015年にインプレッサのコンセプトが登場した時点で、ヘキサゴングリルを中心としたデザインのベースが出来ていたようです。
この時点では、コンセプトモデルですが、ライト形状はレヴォーグよりも大きく、バランスが取れているように思います。

レヴォーグコンセプトに見るデザインの方向性

2018年に登場したコンセプトモデルのデザインイメージです。

ヘキサゴンのグリル両サイドから流れるデザインを強調し「強い塊感のあるボディデザイン」は確かに表現出来ています。その結果、車デザインの要ともいうべき「ライト」が隅に追いやられ、小さく離れ目になってしまいました。これが、デザイン失敗の最大の要因とも言えます。

  • 「グリルが大きすぎる」という意見
  • ↑ ここは、デザイン・コンセプトなので、特に問題無いでしょう
  • 「ライトが小さい」
  • 「ライトが離れ目」
  • ↑ グリルとボディ全体とのバランスの取り方で大失敗

コンセプトカーレベルで見れば、一見悪くないと思えるデザインですが、全体的なバランスというものが重要になります。
車の購入理由の最大のポイントはデザインと言っても良く、従来のレヴォーグユーザー離れを招いたのはフロントマスク一択でしょう。

後期フォレスターもダサイ、同じ失敗をやらかす

この離れ目に見える傾向は、後期のフォレスターにも言える事です。コの字LEDで前期型のジェントルなデザインが台無しになり、グリルとライトの無駄な空間が安っぽさを演出しています。キャデラックエスカレードのように完全に分離した縦長の空間であれば良いのですが、中途半端なデザインの離れ目フォレスターもダサイ化に繋がっています。

ボンネットのエアーインテークがダサい?

【時代遅れのデザインな気もするがなぜ?】スバルが「ボンネットの穴」をなくさない理由
かつては高性能の証とされたクルマのエアインテーク。しかしいまではターボ車であってもエアインテークを設けるクルマは少ない。そんななかスバルはWRXとレヴォーグ、そして未来のクルマを表現するコンセプトカーにまで採用。なぜ積極採用するのだろうか。解説する。

あえて、これを指摘する記事もありますが、従来モデルから採用しているエアーインテークについて、今さらクレームをつけて敬遠する理由はないでしょう。自動車専門誌として呆れるレベルです。

スバルデザインがダサイのか

過去の他社モデルに失敗デザインに似た形状、明らかにデザイン不作で売れなかったモデルなど、デザインの黄金比として、嫌われるブサイクデザイン、北米とアジアの好みの違いなど、ビッグデータ化されていても良さそうな要素です。デザイナーとしての当たり前のセンス、開発責任者、経営層など、チェック機能が働かないのは、なぜでしょうか。

レヴォーグ失敗・ダサイのまとめ

初代レヴォーグが売れた理由は、いくつかあったと思いますが、「コの字LEDのライト形状」を含む全体的なバランスの良さがカッコ良さに繋がっていたと思います。

売れない原因をデザイン以外とする意味不明な解釈

失敗原因として、デザイン以外を掲げる自動車評論家、経済誌が多すぎます。
今のマツダ車を見れば、メカニズムや燃費など、どうでも良く、デザイン単独で成り立っていることが、簡単に説明できます。車の購入動機として最大の理由は、全てデザインにあるのです。

他メーカーの売れないデザイン、失敗原因を学習せず、カーオブザイヤーの栄光すら崩壊させる圧倒的な破壊力を持つ「デザイン失敗の原因」を経営層は学ぶべきでしょう。

新型レヴォーグに欠点は無いのに全てを台無しにしたライト形状

カーオブザイヤー受賞という、非常に良く出来た車であるにも関わらず、ライト形状が「小さい」「離れ目」であるというだけで、「レヴォーグ」の購入を止めてしまう結果は、販売実績として明らかに数字に表れており、非常に残念でなりません。
マイナーチェンジを早期に行い、フロントマスクの大胆な刷新を行い、カーオブザイヤー受賞に相応しい販売台数を取り戻して欲しいと切に願います。

スバル
スポンサーリンク
シェアする
査定君のくるま情報

コメント

  1. スバルが買いたいのに諦める人 より:

    フロントライト形状は同意、HV無関係も同意、エアインテーク今更も同意。スバル車を新規検討者から見た場合、センターディスプレイのデザインも??に感じる。いずれもデザインのバランスが悪く感じる。

    • 査定君 より:

      ご意見ありがとうございます。
      車の出来は非常に良いのに、デザインを理由に購入を諦めるのは非常に残念ですね。
      さて、他メーカー上級車では、12インチ以上のディスプレイ大型化が進んでおり、スバルの11.6インチディスプレイは、今後のモデルサイクルを考えた場合に妥当かと思いました。
      センターディスプレイの縦長デザインには、違和感があるのかもしれませんが、ボルボやプリウスPHV、メルセデスが採用しています。
      ナビ地図としては進行方向先が見やすくなるため、横長ワイドよりも、縦長ディスプレイにはメリットがあるようです。

  2. レヴォーグ乗り より:

    新型レヴォーグに乗ってます。そんなにフロントフェイスを皆さん気にするんですね。横から見てかっけぇ〜ってなりましたが前から見てブサイクとか全く思わず…
    うちのカラーは濃いグレーのやつなのであまりパーツひとつひとつが目立たないというのもあるかと思います。明るいカラーと迷いましたがフロントグリルやバンパーのカーボンとの明暗さがスポーティ過ぎて好きではなく濃いカラーにしました。
    なのであまりライトも気にならなかったのかもしれません。

    縦型のナビは使いやすく最高です。
    ただAVHのボタンがどうして物理ボタンじゃないのだろうと残念に感じます。代車でインプレッサやXVに乗った時にはどちらにもあったのになぁ〜
    燃費は本当悪いですがそこ以外とても気に入ってます。

    • 査定君 より:

      ご意見ありがとうございます。
      スバル車「AVH」オートビークルホールドのボタンは、使用頻度的に物理ボタンの方が便利ですよね。
      (パーキング時のブレーキオートホールド)

  3. 洋司 より:

    デザインは十人十色の好みとは言え、まさに感じていたことの全てです。

    スバルユーザーの多くはスペックに強い拘りを持っているので、SGPを採用した現行スペックの良さを知らない訳はありません。
    それでいて初代のデザイン性も引き継いでいたなら、きっと乗り換え需要も多かったのではと思います。

    維持費や燃費を最重視するユーザーはスバル車を選択しません。それより楽しくて何よりカッコいい車をスバルに期待しているユーザーは多いのではないでしょうか。

    家族愛を前面に打ち出したCMを見ても万人受けする車造りへのシフトは分かりますが、トヨタ、ホンダと同じ土俵で闘えるだけの魅力がアピールできるのか難しい課題だと思います。

    • 査定君 より:

      ご意見ありがとうございます。
      車の出来は非常に良いのに、残念な販売成績となっています。
      デザインは刷新も必要なのですが、デザイナーの冒険を修正できない開発責任者と経営陣の責任です。
      過去、成功・失敗例のフロントマスクをAIで解析すれば、黄金比や嫌われるデザインの代表例など、簡単に数値化できそうに思います。

  4. 安田 道夫 より:

    納車まで2週間、待ちどうしいです。眼が離れているとか、どうでもいいです。
    試乗したけどとても快適でした。レクサスGS、LSと乗り継いで安全性一番のレヴォーグが楽しみです。高齢者ですので。

    • 査定君 より:

      売れない原因を述べているだけで、ご購入された方にとっては、本ページはどうでも良い情報でしょう。
      >レクサスGS、LSと乗り継いで安全性一番のレヴォーグが楽しみです。
      レクサス固定でセダン最高級車にお乗りにも関わらず、別メーカー、格下、ワゴンのレヴォーグというシナリオは、かなり信憑性が低いと思うのは私だけでしょうか。
      特に上位車と比較して、下位車を持ち上げる手法は、評論家のコメントに似ております。

  5. 旧型レヴォーグ乗り より:

    旧型レヴォーグに乗っており、新型が出る前は買い替えも考えてましたが、実物を見た瞬間に何ともいえないバランスの悪さで且つ安っぽさも感じ完全に買う気が失せました。性能では秀逸なので本当に残念です、、。
    フロントマスクも当然ながら、プロトタイプの時に見てガッカリしたフェンダーのキャラクターラインがそのまま継承されていたも結構ショックでした。
    まーあくまでも個人個人の好みなので一意見ですが、デザインの悪さが売上が伸びない理由のトップである事は間違いないと思います。
    ※燃費がダサいとか、嫉妬心がディスる原因なっているとの分析には、私もなんだこりゃ!と思いました。

  6. クロノトリガ より:

    同意します。
    スバル4WDの時代からレガシィ、エクシーガと乗り継いでおります。
    スバルとの出会いは、2000年に試乗したレガシィのドア開閉音の重厚さが気に入り、次に高速運転時の4WDの安定性に感動した 3keysレガシィ時代から始まります。
    しかし私は昔から自動車のフォルムを見て、あれこれ思うのが非常に好きで、いまのフォレスターのデザインには落胆が隠せません。
    なぜあのようなへんてこなデザインになるのか、マイナーチェンジ前はカッコ良かったのに、今のフォレスターは正直生理的に受け付けません。
    個人的に酷過ぎると感じていた違和感を、貴考記事を拝見させていただき腑に落ちました!
    有り難う御座います。