ホンダ「フィット」失敗「ダサイ」売れないの原因

査定君
査定君

ホンダのフィット4代目が売れない・失敗と噂される要因について、自動車評論家の渡辺陽一郎氏のコメントに違和感を覚えました。また市場では「ダサイ・がっかり」との声も聞かれます。その理由を解説します。

フィットが売れない・失敗理由は4点

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

渡辺陽一郎氏の理由としては、下記の4点です。

  • 賛否両論のデザイン 見た目で損してる?
  • 販売網で圧倒 ライバル「ヤリス」の影響も
  • 身内にも敵 フィットの顧客食うNボックス
  • 不運 半導体不足も台数低迷の原因に

自動車評論家としては、もっともらしい記事ですが、非常に違和感を覚えましたので反論記事を書いてみます。

2本スポークハンドルは購入を止めるほどの理由ではない

内装ではステアリングホイールが2本スポークになり、3本スポークを見慣れていると違和感が伴う。

渡辺氏にとっての違和感は、フィットが売れない理由とは、別の次元です。
外観と異なり、ハンドルのスポークデザインを理由として、購入を止める方はいないでしょう。むしろスポーク数が少ないほど操作性はアップします。
過去に国産・外車でも2本スポークの採用例は沢山ありますが、販売不振の理由として挙げている例など全くありません。当然、前期後期でハンドルスポーク本数を増やすことなど行ってませんので、販売不振の致命的理由として、ハンドル2本スポークはナンセンスです。

実際の販売状況

3代目フィットと比べて、4代目フィットは売れ行きが伸び悩んでいます。 2020年2月発売で、ホンダ市場の稼ぎ頭、屋台骨モデルでありながら、2021年の登録台数は1か月平均で約5000台です。先代と比べて、市場評価は失敗です。1か月の販売計画1万台と比べて、実績値は計画に遠く及ばない状況となっています。
ステップワゴンのモデル末期モデルが前年比114%の結果は、すべて後期モデルのデザインが良くなった・改善された成果です。よって、1.5ターボや観音開きドアが負の要因ではありません。すべては、マイナー後デザインの実績・成果なのです。自動車評論家は、フィットの販売不振として「Nboxやヤリスに食われた」というトンデモナイ理由を挙げていますが、これは誤りです。マイナー前デザイン責任者の失敗原因を明確化し、再発防止策を講じなければ、ホンダに未来はありません。デザインの失敗で販売台数大幅減という素人でも理解できる過ちを繰り返すホンダの黒歴史は、ステップワゴンで全く学習されていません。屋台骨のフィットで「やらかす」大失態は、ホンダ経営陣と開発陣の学習能力の無さが招いた当然の結果です。ユーザーの声を的確に捉えている営業現場の意見は、全く反映されていないようです。

歴代フィットの販売推移

販売年
年間販売台数(国内ランキング)
2021年 58,780台(12)
2020年 98,210台(4):4代目、3月登場
2019年 74,410台(12)
2018年 90,720台(7)
2017年 97,939台(6):3代目、6月マイナー
2016年 105,662台(4)
2015年 119,846台(3)
2014年 202,838台(2)
2013年 181,414(3):3代目、9月登場
2012年
209,276(3)
2011年
207,882(2)
2010年
185,439(2):2代目、10月マイナー
2009年
157,324(2)
2008年
174,910(1)
2007年
116,561(3):2代目、10月登場
2006年
101,793(3)
2005年
125,894(3)
2004年
149,503(2):初代、マイナー6月登場
2003年
182,285(2)
2002年
250,790(1)
2001年
104,298(6):初代デビュー

「ダサイ」失敗理由はライト形状のデザイン

「カッコ悪い」「ダサい」「顔が変」「失敗」「がっかり」「売れないデザイン」など、ネット上は、散々な声が聞こえてきます。この最大の理由は、デザインが全てと言って良いでしょう。賛否両論でなく、駄目だしが大半でしょう。それが販売結果として表れているのです。先代3代目は、男性向け的なスポーティさを意識したデザインでしたが、女性が乗ってもカッコ良いと映るデザインであることは言うまでもありません。4代目フィットは、女性向けを意識した丸みを帯びたライト形状、グリルレスのデザインとなり、先代ユーザーの嗜好を完全に無視したデザインです。

  • 新型に乗り換えようとする男性ユーザー層の嗜好を完全に無視
  • 日本国内は、グリルレス・デザインを好みません。
  • グリルレスデザインは一部で「デコっぱち」とも呼ばれている様子
  • フロントマスクは「柴犬」をイメージ
  • 新型ステップワゴンの非オラオラデザインを正義とするマーケット無視のマーケティング
  • カッコ良いから先代を購入した女性層も「ドン引き」する「柴犬」ライト

勿論、今までの先代フィットは、切れ長のライト形状を見れば、端正な欧州車を思わせるコンパクトさの中にも「カッコ良さ」を感じられるデザインだったのです。

ホンダ フィット販売不振の犯人は“グリル”!? 初夏の年次改良に続き2021年中にも大幅改良か

ホンダ フィット販売不振の犯人は“グリル”!? 初夏の年次改良に続き2021年中にも大幅改良か|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
ホンダ フィットといえば、同社を代表するコンパクトカーだ。2001年に初代が登場。デビュー早々に乗用車販売台数1位の座を常連のトヨタ カローラから奪取するなど、大成功を収めている。 しかし2020年2月に登場した現行型の4代目フィットは、デビュー1年後の2021年2月の販売ランキングで12位と、かなり元気のない状況だ。...

その表情はかわいらしく穏やかな印象で、なかなか好ましいものだ

旧世代の男性ユーザーを全て切り捨てたマーケティングは一切触れていません。
グリルが原因という分析ですが、ライト形状について、記事上のキーワードに出てこない点で、非常に説得力に欠ける記事です。
ボンネットと一体化されたグリルであれば、空力的にもスタイリッシュであるものの、ボディ同色パネルなグリルが、いかにも取って付けた感があります。
2022ステップワゴン同様に、シンプルとかオラオラを避けたと言い出しそうな開発陣です。
グリルを付けた版もオプションや他グレードで存在するようですが、致命的なライト形状は一切変わりません。

問題はグリルでなく、ライトです。

デザインの根本的に失敗な原因はライトでしょう。
グリルをどのように変更してもライトが変わらなければ、イメージは全く変わりません。

先代のデザイン変遷

  • 初代 GD型:コンパクトボディ、広い室内、切れ長ライトなど、全てにおいて成功例
  • 2代目GE型:初代の良い所を伸ばしたキープコンセプトデザイン。当然デザイン面での破綻もなく、完成度もアップ
  • 3代目GK型:「エキサイティング H デザイン」と命名したライトとグリルの一体感のある「ソリッド・ウイング・フェース」デザインを採用。やや消化不良のマイナー前から、完成度を高めたマイナー後・後期型にリニューアル

ボディ同色グリルの「ヴェゼル」は成功ではない

EV車ではグリルレスのデザインが多く、ヴェゼルもフロントグリルをボディ同色化しています。しかし、グリルサイズは大型であり、オラオラ感も十分あります。
先代3代目の後期モデルは、シャープなデザインで前期モデルの丸み感や細かいディテールのイマイチな部分を払拭し、ホンダらしいデザインとしては完成系でしょう。
ステップワゴン同様、なぜ後期モデルを初回に発売出来なかったのか、という感じです。

以下は、フィット3代目の後期RSモデル。

販売網で圧倒 ライバル「ヤリス」の影響も

先代フィットとヤリスは、発売時期は、重なっていました。燃費や販売網ならヤリスを待つまでもなく、アクアでも十分な競争力がありましたので、燃費面でヤリス影響を語るのは不自然です。
そもそも、ボディサイズや後席のゆとりも全く異なりますので、ヤリスはフィットの購入対象とは違うでしょう。比較対象としてヤリスを挙げるのは、評論家としてのレベルに達していない感があります。

ノーマルエンジンが屋台骨のフィット

ヤリスが燃費で突出し、ノートがeパワーで斬新さを打ち出した現在、コンパクトカーとして、先代モデルの屋台骨は1.3Lのノーマルエンジンモデルです。先代フィットのコンセプトを継承したスタイリングやコストパフォーマンスでした。決してフィットのHVが主役では有りません。

身内にも敵 フィットの顧客食うNボックス

もし、渡辺氏の理由がその通りであれば、先代フィットの時点で食われても良さそうです。
それは、軽自動車を併売する他メーカーにも言えることですが、どれだけNボックスの性能が良くても普通車とは購入対象とは異なります。Nボックスへの乗換えは、家庭内における車のダウンサイジングとしての結果であって、Nボックスがフィットを食ったという明確な動機ではありません。

よって、4代目フィットの不振理由とするのは、誤りです。
フィットを見に訪れたユーザーが、デザインの悪さにガッカリし、フリードに流れればラッキーですが、N-BOXに流れた場合は、営業マンにとって屈辱的なセールスの結果なのです。
ディーラーにとっては、ホンダに留まってラッキーというレベルです。

東洋経済誌もNボックスが理由とか

ホンダ「フィット」がイマイチ売れない理由 | トレンド
ホンダを代表するコンパクトカー「フィット」の新車販売台数が、意外に伸びていない。2020年2月にフルモデルチェンジして発売された現行の4代目は、発売1ヵ月後の3月に1万4845台を販売し、同月の新車販売台数ラン…

ホンダ「フィット」がイマイチ売れない理由とするタイトルに掲げた割に内容が薄いです。
デザインが最大の不振理由であることなど、誰の目にも「少なくとも営業マンも」明確なのに、一言も「デザイン」のキーワードが一切登場しない、驚くべき忖度記事です。
東洋経済誌なのにネット上の評論家記事を鵜呑みにし、この誤った評論家の記事を起点として、他の記事に伝播してしまう、コピペ記事の典型例です。大手誌のコピペ伝播により、こんな誤った論調が広まってしまうのが怖いところです。

不運 半導体不足も台数低迷の原因に

半導体が足りないのはフィットに限った話ではないが、販売店では「半導体の影響は車種によって異なり、フィットでは納期の遅れが目立つ。フィットの車両本体は完成しても、ディーラーオプションのカーナビが遅れて納車できない場合もある」という。

ズバリ、4代目不振の理由で無いでしょう。こんな理由を掲げるのは、評論的な内容としてナンセンスに感じます。

新型フィットの「がっかり」

オーナーの声「がっかり」をまとめました。

  • ハイブリッド車のモーターパワーがマイルド過ぎる。他車に比べてモーターの加速感が弱いようです。
  • ハイブリッド車の価格設定が高い
  • デザインがダサイ
  • ラゲッジルームが先代アクセラよりも狭くなっている。デザイン優先の弊害。
  • ラゲッジルームと開口部の段差があり、荷物の出し入れがしずらい(ハッチバック)

ハンドルが2本スポークである、N-BOX流れた、ノーマルエンジン車の価格が高い、など、評論家のトンデモナイ売れない理由付けは、ネット上のユーザーの声として挙がってきていません。自動車評論家の分析力が無さとして、フィットは分かり易い事例です。

フィット失敗のまとめ

4代目フィットが売れない理由はデザインにあるということです。エンジンやメカニズム、燃費は二の次なのです。
フロントマスクの犬ライト、グリルレス風グリル、腰高で鈍重なテールデザインなど、3代目のシャープなデザインを好んだ世代を完全無視。もはや、乗換えという買替動機を失わせるぐらいの破壊力のある失敗デザインです。

自動車専門誌の素人評価

インテリアの斬新度も合格点、エンジン・メカニズム、居住性も完成の域でしょう。この売れ行き不振は、犬顔ライトが良いと判断した開発責任者の暴走一択なのです。
Nボックスと競合、ヤリスと競合、半導体不足・・・もはや取って付けたような理由は、ホンダ開発責任者の責任回避、経営判断の失敗を助長するだけです。つまらない理由付けは止めて欲しいものです。

中国の無限FITも微妙なデザイン

ライトのLED形状がNGであり、ライトの内部デザインを変更すればイケるのか?と思えば、モッサリした感じですね。マイナーチェンジでもライト形状が現状ベースでは、駄目のようです。やはり、最終型オデッセィのようにフルチェンのような全面変更しか、残された道は無いのかもしれません。

RS追加も根本解決にならず

RSを追加するも、オプショングリル程度の変化に留まっています。
RSのバンパー形状もバッチリですが、犬ライトが台無しです。

ホンダのデザイン失敗は毎度の事

屋台骨となる車では失敗は許されません。なぜ、このような失敗を防げないのでしょうか?。
フィットが売れない原因は、渡辺氏が語る「Nボックス、ヤリス、半導体」ではありません。
デザインが駄目だという事実を正しく認識する当たり前の評価が必要なのです。
忖度無しで「カッコ悪い」と評価し、「ダメ出し」する社内チェッカーが必要です。
(提灯自動車評論家の存在価値無し)

トヨタや日産の影響を受けず独自路線のデザインで行きたいというデザイナーの「独りよがり」「腐ったプライド」や「過去を否定し、新しいデザインコンセプトが正義だ」という、デザイン責任者のプレゼンに対して、ゴーサインを出した結果がコレです。開発責任者と経営層は、売れなかったら更迭するぐらい、デザインに責任を持つべきです。

フィットという屋台骨で「デザイン的な冒険を犯す」誤った施策を行う経営に未来はありません。

ホンダ
スポンサーリンク
シェアする
査定君のくるま情報

コメント

  1. 地蔵氏 より:

    新型ステップワゴンが失敗する記事含めてほとんど記事の中身には同意です。結局車が売れるかどうかのメインになる理由であるカッコいいかカッコ悪いかという点をホンダはわかっていないと思います。シンプルさをコンセプトをするのは悪いとは思いませんがそれ以前の前提条件であるデザインのカッコよさが不足しすぎていると思います。

    • 査定君 より:

      ご意見ありがとうございます。
      マイナー後モデルは、マイナー前の大失態を上手くリカバリーしているケースが多いと思います。
      マイナー前モデルのデザイン責任者の失敗に対する「再発防止策」がホンダに無いことが致命的ですね。
      また、売れない理由として、トンデモナイ理由を掲げる評論家のレベルには呆れるしかありません。

  2. クウァトル より:

    同じグリルレスデザインのフリードは売れてます。
    仰る通りライト形状が、それまでのホンダデザインからすらも外れてしまい、現行のフィット4の評判を落としてしまっていると思います。
    このデザインが、折角のアクティブなネスやクロスターのイメージを薄めてしまっている気がします。

    個人的には、このようなデザイン性の車には、スタイリッシュなカスタムモデルが必要だと感じます。さらに、ネスのような中途半端なアクティブ性よりも、フィット3まで設定されていたRSグレードを復活させてイメージリーダーに据えることも、名誉挽回に繋がると思います。

    • 査定君 より:

      ご意見ありがとうございます。
      フィットRSの予想CGが、ネット上で複数出回っていますが、グリルやパンパーのRS化では、ライト形状をリカバリーできていない感じがします。
      マイナーチェンジを早期に実施いただき、ライト形状からの抜本的な見直しを望みます。

    • たく より:

      ・グレードが多すぎてユーザーからしてみればなんなんだこれ状態

      ・車両型式もGR1/2/3/4/5/6/7/8
      (ホーム・リュクス・クロスター・ネスの各2WD/4WD)と多すぎてわけがわからないのに、そこにRSを追加したらますますわけがわからなくなる。

      ・シートヒーターは最上級のリュクス以外オプション設定すらない

      ・先代モデルにあったリアシートのリクライニング機構の廃止という謎

      T社のハイブリッド車みたいにデザインが酷評されても車としての出来が良かったら一定の評価はあると思いますが、フィットの場合デザインだけではなく中身もダメなのが問題だと思います。
      ちぐはぐなマーケティング戦略でライバルのヤリスに顧客を奪われて
      なんとも思っていないというのは誰が見ても明らかでしょう。

      • 査定君 より:

        ご意見ありがとうございます。
        低グレード車は貧相な装備内容で、上級グレードに誘導する戦略が見て取れますね。
        グレードで悩まれている方は、デザイン的には折り合いが付いているので、あとは価格的な問題になりますね。

  3. ゆう より:

    新型フィットのデザイン、俺は好きです。RSグレードも楽しみですので。

    • 査定君 より:

      ご意見ありがとうございます。
      新型フィットは、安全性能・走行性能にも磨きがかかり、満足できるパフォーマンスですね。
      デザインも好きであれば「買い」だと思います。

  4. たく より:

    フィット3ユーザーです。全く同意です。
    特にN-BOXの言い訳の喝破は目からウロコでした。
    屋台骨の車種で前三代の遺産を放り投げるような決定は愚かとしか言いようがありません。
    フィットファンだからホンダファンの人も多いでしょうに、全部を火にくべるようなものです。

    個人的には現行モデルを代車で2日間乗った際に、2本スポークでハンドルの現在位置を絶望的に混乱させられたことを付記しておきます。

    • 査定君 より:

      ご意見ありがとうございます。
      ホンダ経営陣やデザイナーは、車の売れ行きの重要なポイントはデザインが全てであるという、こんな簡単なことを学習できていません。
      マイナーチェンジではライトとグリルの全面変更を希望します。

      同時期に2本スポークハンドルを採用した「ホンダe」には、あまりネガティブコメントは見られません。
      個人的には、ハンドルの上下グリップ形状も異なり、混乱は無かったですね。ここの感じ方は、個人差があるのかもしれません。

  5. ニコライ より:

    4代目の発売直前に、3代目後期1.3Lガソリン 4WDを購入しました。購入した当初は新型が出る前なので買うのを早まったかと思っていましたが、新型のデザインを実際に見た今では、ギリギリのところで先代を新車で買えてよかったと思っています。ちなみにハイブリッドの選択はもともとなく、1.5Lのガソリンと迷いましたが、3代目の1.5Lのガソリンは直噴エンジンで煤が溜まりそうなのでやめました。4WDは多少燃費が落ちても安定的な走行を重視するほうなので選びました。前置きが長くなりましたが、査定さんのご意見、お考え、すべてそのとおりだと思います。フィットの購入層は、家族4人が乗れて荷物も積める、サイズも価格もお手頃な普通車を求めていますが、決してデザインを無視しているわけではないです。デザイン的にはフィットの前に乗っていた2代目キューブも好きでした。そういう意味では、4代目フィットは初代キューブと同じくらい、あり得ない、生理的に受け付けないデザインです。

    • 査定君 より:

      ご意見ありがとうございます。
      先代フィットのノーマルエンジン比率は6割を占めており、主力モデルです。CVTとのマッチングも良いですね。
      初代キューブは、スクエアなスタイリングで人気を博し、初期はコンスタントに月10,000台以上を販売しており、登録台数1位を記録したこともあったと思います。販売結果から、市場では初代キューブのデザインそのものが、好意的に受け入れられた結果かと思います。
      さて、2代目キューブは、全く新しいデザインに進化しましたが、こちらのデザインも良かったですね。
      個人的には、初代と2代目キューブのどちらも好きなデザインです。