アウディのグレード数字が意図する戦略とは

メルセデスやBMWのグレード数字に比べて、アウディのグレード数字に違和感ありとの声も聞かれます。アウディのグレード数字が意図するマーケティング戦略とユーザー皆さんの声を解説します。

アウディ グレード数字の一覧表

具体的なグレード数字は下記の通りです。

  • 25:80kW以下
  • 30:81kW~91kW
  • 35:110kW~120kW
  • 40:125kW~150kW
  • 45:169kW~185kW
  • 50:210kW~230kW
  • 55:245kW~275kW
  • 60:320kW~340kW
  • 70:400kW以上

グレード数字の命名基準変更

2017年秋から

アウディは2017年秋、各車のグレード名の命名基準を新しく変更し、グローバル規模で導入すると発表しました。新たなグレード表記では、2桁の数字で、出力レベルを示すのが特徴。ガソリン、ディーゼル、g-tron、e-tron共通で適用されます。

「25」、「30」、「45」、「50」、「55」などの2桁数字がモデル・グレード名の表記になり、現在の排気量を表す数字から変更されています。

グレード数字が他メーカーより大きい違和感

ダウンサイジングターボやハイブリッドモーターの追加により、従来のNAエンジンに比べて、実質の排気量と馬力が乖離する実態です。NAエンジンよりもトルクがアップしていることもあり、グレードの数字に違和感はないでしょう。

2リッターエンジンの例

2リッター4気筒直噴ターボを搭載するBMWもメルセデスを例に挙げると排気量からの乖離もなく、両社とも同じようなイメージとなっています。

  • メルセデス C200 :184馬力:排気量2.0リッター相当
  • メルセデス C180 :156馬力:排気量1.8リッター相当
  • BMW 320i:184馬力:排気量2.0リッター相当
  • BMW 328i:258馬力:排気量2.8リッター相当

しかしアウディでは、他メーカーへの対抗なのか、以前のグレード数字から変更されました。

ライバルよりも大きく見せようというマーケティングなのでしょうか?。
「Q5 2.0 TFSIクワトロ」だった。ところが現在は「Q5 45 TFSIクワトロ」です。
20から45となり、消費者が混乱する可能性が高いです。トルク的には排気量4.5リッター相当かもしれませんが、排気量的には2リッターのままであり、馬力も同様です。

「グレード数字が大きい」意見のデメリット

変換一覧は、他メーカーと比べても明らかに数字が大きい設定です。
ライバルメーカーの車に対してのグレードがアップしたような錯覚を招きます。

同一セグメントとしての単純比較を分かり難くするものです。

欧米的なマーケティング戦略でしょうか?。車名に工業規格のようなグローバルな統一ルールはありませんが、マーケティング戦略とはいえ、ユーザーの混乱は避けられないでしょう。この変更により、一番混乱されている方は、従来からの実排気量のイメージに慣れている購入者や販売現場ではないでしょうか。

ボディサイズもライバルより少しでも大きくする戦略

過去から、同一セグメントでもライバル車より「少しでも大きく」というおうなボディサイズの拡大を実施してます。

Audi A4 45 TFSIの違和感ネーミング

  • 排気量:1,984 cc
  • パワー:185 kW (252 PS)

これをBMWでは換算すると3シリーズ(F30)の330iの252psになります。
従来のNAエンジンでいうところの3リッターNAでしょうか。
一昔前の初代シーマが255ps(3リッターターボ)です。

35を超え・・・40も超え・・・45とは。

排気量と数字の乖離が圧倒的

アウデイA3 30TFSI(2021)のスペック

  • 30 TFSIは最高出力110ps/最大トルク200Nm
  • 1.0リットル直噴ターボエンジンを搭載
  • 48Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドドライブシステム

従来のネーミングなら、数字は下記が妥当

  • 排気量そのままであれば「10TFSI」が妥当
  • 昔のNAエンジンなら「18TFSI」が妥当
  • 馬力だけなら「14TFSI」「16TFSI」が妥当

排気量の3倍表記となる「30」

中身を見ても「30」の数字には違和感を覚えるのは私だけでしょうか?

オーナーが、近所の方や知人に排気量を聞かれた際、「30という数字=排気量3000cc」とイメージを持たれていることでしょう。「1000cc」と答えれば、驚かれることでしょう。実際に車に詳しい有識者が見ても、違和感を覚えるスペックなのです。

A4 35 TFSIは、たったの排気量1.4L

  • 「35 TFSI」が1.4Lの直噴ターボ(150ps/250Nm)
  • 「40 TFSI」が2.0Lの直噴ターボ(190ps/320Nm)
  • 「45 TFSI」が2.0L直噴ターボの高出力版(252ps/370Nm)

スペックは上記になりますが、やはり「たったの1.4L」の排気量に「35」という数字が猛烈に違和感があることがわかります。
ライバルにおいては「35」という数字は、3.5L相当のトルクを搭載する指標となのです。これは、日本車・外車のみならず、従来の価値観が自動車ユーザーに知れ渡っていると言えます。仮にトルクベースだとしても、かなり違和感があります。

実際の売れ筋グレードが最低グレードとなる「35」なのかもしれません。
35TFSIのエンブレムを見れば、従来基準では、3.5L相当イメージになります。アウディオーナーが、排気量を聞かれた際、説明に時間がかかりますね。

エンブレムチューンと誤解を招く可能性

従来のアウディユーザーも欧州車ユーザーから「あれ?エンブレム換えてるの?」と、いらぬ誤解を招く可能性はないのでしょうか?

あらためて、このグレード名一覧表に違和感があり、一般ユーザーの理解が得られない危機を感じてしまいます。

  • 25:80kW以下
  • 30:81kW~91kW
  • 35:110kW~120kW
  • 40:125kW~150kW
  • 45:169kW~185kW
  • 50:210kW~230kW
  • 55:245kW~275kW
  • 60:320kW~340kW
  • 70:400kW以上

現在の基準でいえば欧州車は、ダウンサイジングターボにより、トルク数値も非常に大きくなっています。しかし、アウディのグレード数字だけは、排気量ベースでも、馬力ベースでもありません。
トルクベースとして勘案しても1.5倍ぐらいグレード数字が過大となっている可能性を否定できないでしょう。結果、数字の大きなグレード表示にアウディオーナー自ら違和感を覚えてしまうようです。(これは実オーナーからの素直な意見なのです)

アウディが売れ行き不調の声

一時的に元気だったアウディA4も最近まったく見かけなくなりました。
売れ行き不振の声をピックアップしてみました。

  • ボルボやミニ人気に押されている。
  • Sトロニックはギクシャクして日本の渋滞路に不向き。
  • VWグループの排気ガス不正問題で信頼性が無くなったイメージ
  • 右ハンドル車の左足元が狭い。
  • フロントマスクが同じで新鮮味がなくなった。
  • メルセデスやBMWよりも価格が高く感じる。

その理由は、所有者も疑問に思う「2桁のグレード名数字」も原因とする意見が多いようです。

アウディが売れない。売れ行き不振の理由

アウディのグレード数字が大きい・まとめ

アウディユーザーの声として、グレードの数字変更には、違和感を覚える声が多く聞かれます。従来から20TFSIは、2.0Lの排気量相当という価値観が完全に染みついています。メルセデスやBMWのグレード名が欧州車の絶対的スタンダードである以上、それが本線です。絶対的多数派の欧州車ユーザーと第一線の販売現場にとって、違和感(数字を大きさで、「負のイメージ」が生まれる)とは考えなかったのでしょうか。

アウディの人気回復を願う意味を込めて、「負のイメージ」の真の意味を捉えていただくことがマーケティング上の最重要事項であるとする、まとめになります。

Audi
スポンサーリンク
シェアする
査定君のくるま情報