トヨタ

スポンサーリンク
トヨタ

新プリウスはパス、乗り換え先でおすすめ車とは

査定君 新型プリウスが車高を大きく下げ、乗り降りや居住性で、高齢者やファミリー世代に厳しい車となってしました。新プリウスの代りに旧プリウスユーザーへお勧めの車を紹介します。 先代プリウスの特徴 ハイブリッドのイメージリーダーモデル 初代プリ...
トヨタ

新型プリウスがダサイ、車高の低さで大失敗の予感

2022年の新型プリウス(5代目)は大幅に車高を落とし、後席の狭さで大失敗したホンダインサイト2代目の悪夢が蘇ります。ダサい、評判悪い、との声が目立つ新型プリウスの失態をまとめます。
トヨタ

e-fuel(合成燃料)はオワコンか、内燃エンジン車に未来はあるのか

EU(欧州連合)委員会が2035年に内燃エンジン禁止案を撤廃し、e-Fuel(合成燃料)利用可を方針を採択しました。 e-fuelは、内燃エンジンにとって救世主に見えますが本当でしょうか。 一方でe-fuelはオワコンという説もあります。その理由を解説します。
トヨタ

9代目クラウン失敗の黒歴史とマイナーチェンジでの回復

査定君 クラウンの失敗といえば、クジラクラウンが代名詞ですが、9代目も失敗事例として欠かせません。失敗に至る背景とマイナーチェンジによる回復内容を解説します。 9代目クラウンとは 9代目型式:140型 当時の流行で、丸みを帯びた未来志向のデ...
トヨタ

「マルチパスウェイの本質」はオワコン

世界市場における日本のBEV出遅れは確定しており、「マルチパスウェイはオワコン」の構図です。マルチパスウェイの意味や本質を掘り下げて解説します。
トヨタ

トヨタのフロントグリルが「ダサい・嫌い・ひどい」のか

査定君 トヨタのフロントマスクを「キーンルック」と呼びます。ネット上の声としては「ダサイ」「ひどい」「嫌い」「気持ち悪い」という意見が多いようです。キーンルックのトヨタデザインがひどいという声が多く、なぜ違和感を感じるのか解説します。 フロ...
トヨタ

全固体電池は実用化できないのか、失敗か、デメリットとは

全固体電池は実用化できないできず失敗でょうか。全固体電池のデメリットや実用化の時期とは。独自の分析と洞察した深層に迫ります。
トヨタ

トヨタはEVを作れないのか?あえて作らない理由

時代の流れはBEV一択。CO2の排出量が少ないからというハイブリッド車の優位性を語れた時代は、すでに終っているのです。 いまだに優位性を語るメディアについて、独自の分析、洞察の内容を解説します。
トヨタ

新プリウス、乗り降りの欠点を解消するデザインとは

査定君 新プリウスにおいて、ネット上では不満の声が聞かれます。ユーザーの求める理想形プリウスとは何か、イメージを作成してみましたのでご覧ください。(トップ画像は加工CG) 乗降性と居住性優先が、旧プリウスユーザーの総意 旧プリウスユーザーが...
トヨタ

2030年に350万台というトヨタEV販売台数は実現可能なのか

2026年に150万台、2030年に350万台というトヨタEV販売台数の目標が掲げられました。高みに到達できる包括的な技術開発の基盤は本当でしょうか。解説します。
トヨタ

カムリ生産終了より、オワコンMIRAIの生産中止が先でしょ

2023年3月にトヨタ カムリが国内向けの生産終了となりました。 43年の歴史があるカムリは海外継続で日本だけ販売中止なのか。 オワコンのMIRAIはなぜ生産を継続するのか、その理由を解説します。
トヨタ

EV化は日本車潰しか、陰謀論の理由とは

「EV化は日本製HV潰し」「EV化は日本車潰し」という記事を見かけました。これは欧米がハイブリッド車が強い日本潰しのために仕組んだ陰謀論なのでしょうか。その真相を解説します。
スポンサーリンク