トヨタ

スポンサーリンク
トヨタ

新型スープラはダサい・失敗のか?Z4流用を共同開発とする説

新型スープラはダサいのか、失敗なのか?BMW Z4流用したスープラです。メーカーの受け売り記事の真意と共同開発とする実態を解説します。
トヨタ

「全方位戦略」はオワコンなのか、全方位戦略の失敗説

ネット上の記事「BEVが次世代車の“本流”にならない4つの理由 トヨタ「全方位戦略で考える」に違和感を感じましたので意見を書いてみます。
トヨタ

EV化は日本車潰しか、陰謀論の理由とは

「EV化はトヨタ潰し」「EV化は日本車潰し」という記事を見かけました。これは欧米がハイブリッド車が強い日本潰しのために仕組んだ陰謀論なのでしょうか。その真相を解説します。
トヨタ

新型シエンタのデザインがダサイ、失敗なのか

2022年登場の3代目、新型シエンタのデザインが「ダサイ・ひどい」と噂になっています。 2代目シエンタは登場当初、大胆なデザインに抵抗を示す方も多かったものの、デザインの良さが認められ販売台数も安定のベストテン入りでした。 一方、新型シエンタのデザインは、ダサイ・失敗・がっかり・ひどいの意見が見られました。その理由を探ります。
トヨタ

トヨタ車でDSC故障の表示だが通常走行は問題ないでしょうか

トヨタ車にはDSCと呼ばれる、急発進・急加速の誤操作を防止する機能が装備されています。 DSC警告・故障表示の場合、走行は可能か?対応方法を解説します。
トヨタ

カムリ生産終了より、オワコンMIRAIの生産中止が先でしょ

2023年3月にトヨタ カムリが国内向けの生産終了となりました。 43年の歴史があるカムリは海外継続で日本だけ販売中止なのか。 オワコンのMIRAIはなぜ生産を継続するのか、その理由を解説します。
トヨタ

EV出遅れの理由はFCVオワコンが原因だった

世界では、次世代自動車の本命がBEV(バッテリー電気自動車)とされてるにも関わらず、日本製BEVの販売が出遅れていると指摘されています。 このEV出遅れの理由は、FCVオワコン・FCV失敗が原因である理由を解説します。
トヨタ

水素燃料電池車と水素自動車は失敗なのか?

トヨタの水素自動車「燃料電池車(FCEV)と水素内燃機関(HICE)」の今後とは?。水素自動車に未来はあるのか、水素自動車は、すでに失敗しているのかを解説します。
トヨタ

オワコンは、EVでなくハイブリッド車なのか

欧州連合(EU)が、ガソリン車販売を2035年以降禁止する方針を転換し、条件付きで合成燃料「e-fuel」認める法案を採択しました。 この結果、国内メディアでは「EVオワコン」「トヨタが正しかった」という論調が流れています。これは本当でしょうか、オワコンの矛先はどこなのか解説します。
トヨタ

新プリウス、乗り降りの欠点を解消するデザインとは

査定君 新プリウスにおいて、ネット上では不満の声が聞かれます。ユーザーの求める理想形プリウスとは何か、イメージを作成してみましたのでご覧ください。(トップ画像は加工CG) 乗降性と居住性優先が、旧プリウスユーザーの総意 旧プリウスユーザーが...
トヨタ

トヨタはEVを作れないのか?あえて作らない理由

時代の流れはBEV一択。CO2の排出量が少ないからというハイブリッド車の優位性を語れた時代は、すでに終っているのです。 いまだに優位性を語るメディアって、どうよ!を解説します。
トヨタ

新プリウスはパス、乗り換え先でおすすめ車とは

査定君 新型プリウスが車高を大きく下げ、乗り降りや居住性で、高齢者やファミリー世代に厳しい車となってしました。新プリウスの代りに旧プリウスユーザーへお勧めの車を紹介します。 先代プリウスの特徴 ハイブリッドのイメージリーダーモデル 初代プリ...
スポンサーリンク