トヨタ車でDSC故障の表示だが通常走行は問題ないでしょうか

トヨタ車にはDSCと呼ばれる、急発進・急加速の誤操作を防止する機能が装備されています。
この機能に警告表示が点きっ放しや故障表示の場合の対応方法を解説します。

DSC(ドライブスタートコントロール)とは

トヨタ車にはDSCと呼ばれるドライブスタートコントロール機能が装備されています。
駐車時の前進・後退操作の時に、車や子供の飛び出しや高齢化、認知機能の低下による操作ミスにより、通常とは異なる「シフトの誤操作」によって大きな事故を起こしてしまう可能性があります。

例えば、アクセルを踏んだ状態で、シフトをリバース(R:後退)からドライブ(D:前進)にシフトチェンジを行い、急発進によって、大きな物損事故・人損事故に発展する事例が挙げられます。

ドライブスタートコントロールシステムは、ディスプレイの警告表示によりドライバーへ注意を促します。万一の衝突事故の際もエンジンの出力を抑え、被害の減少を軽減させるシステムです。

急発進・急加速を防止する

シフト操作時の急発進・急加速を抑制し、衝突被害の軽減をサポートする機能です。

トヨタ搭載車

アクア、ヤリス、ルーミー、カローラヤリスを筆頭に、ノア、アルフォード、ランクルプラドまで、近年の車種には、ほぼ搭載されている装備と言えます。

DSCの動作とは

警告機能

シフト操作ミスをお知らせするメーター内への警告表示機能です。
アクセルを踏み込んだまま、シフトを「R」→「D」へ変更したとき、ディスプレイ表示でお知らせ。

エンジン出力抑止

急発進・急加速をさせないように、エンジン出力/ハイブリッドシステム出力を制御します。

安全装置の背景

ペダルの踏み間違いによる事故は毎年7,000件程度起こっており、決して少ない数とは言えません。
また、事故の特徴として他の操作ミスに比べて死亡率が高いことが問題視されています。

DSC警告灯・点灯時の対処方法

  • ブレーキオーバーライドシステム警告灯、
  • ドライブスタートコントロール警告灯:トヨタ

通常のアクセル・ブレーキ操作で消灯するケース

アクセルペダルの誤操作を知らせてくれる警告灯。アクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏むとブレーキオーバーライドシステムが検知し点灯する。アクセルペダルを踏んだ状態でシフト操作を行うとドライブスタートコントロールが検知し、警告ブザーとともに点灯。ブレーキオーバーライドシステムの対処は、アクセルペダルを離し、ブレーキペダルを踏むと消灯する。ドライブスタートコントロールの対処は、アクセルペダルを離すと消灯。

通常のアクセル・ブレーキ操作で消灯しない

アクセル・ブレーキの通常操作しても消灯しない場合は、システム異常が考えられるので、早めに整備工場などで点検・修理を推奨します。

警告灯点灯のまま通常走行は可能か?

  • 前述のDSC機能が機能していない
  • 急加速・急発進の抑止機能が動作しない。
    (ぬかるみや雪動のスリップ機能が働いていない可能性も)
  • または、抑止機能が働いたまま解除できない

上記の故障状態を正しく認識した上で、通常のアクセルとブレーキ操作による発進・加速・停止の操作が行えることを確認できれば、点検修理までの走行は可能です。

まとめ

安全機能は、基本的な車の走る止まるの機能に対して、安全面のサポートを行うものです。
安全機能の故障により、安全機能の一部が失われますが、通常走行は可能です。
(早めのドック入り・修理をおすすめします)

トヨタ
スポンサーリンク
シェアする
査定君のくるま情報