成瀬弘氏とレクサスLFAの事故原因とは

トヨタのテストドライバー成瀬弘氏が事故により死亡しました。レクサスLFAの事故の原因については諸説飛び交っていますが、多数の状況から事故原因を整理します。

成瀬弘氏の事故とは

2010/6/23 に成瀬弘氏が死亡事故のニュース

2010年6月23日(水)トヨタのテストドライバー成瀬弘氏(67歳)死亡のニュースが流れました。

ドイツ側の報道では、2010年6月23日の午前中、成瀬弘氏のドライブするレクサスLFAはニュルブルクリンク近くの一般道において、スピードを出して右カーブを走行中に対向車線をはみ出して、BMWのテストドライバーが運転する3シリーズのテストカーと衝突。(BMWの車種は不明。BMW M3でない可能性も)
トヨタの社員が駆け付けたが彼らが到着した時点ですでに死亡していた。
さらに、成瀬弘氏は病院で死亡が確認された。BMWに乗っていた2名の社員は重傷だが、回復するだろうとの続報もあり。色々なニュースを読み漁ると、

  • 正面衝突の事故である。
  • LFAのテストドライバーは死亡。BMWのテストドライバーは2人は重傷
  • LFAドライバーもヘルメット装着、シートベルト装着、エアバッグ作動
  • LFAもBMWも車両フロントは大破、キャビンはつぶれていない
  • LFAはプロトタイプ車で計測機器をキャビンに搭載
  • 事故後、2時間道路閉鎖(地元新聞報道)
  • LFAが対向車線をはみだしたとの見解。(地元警察・ラジオ)
  • 成瀬氏の遺族に哀悼の意を、負傷した人らに同情の意を示す。(トヨタ広報)

トヨタのテストドライバーとして、数々の車の開発に携わったとのことで、日本人としては複雑な心境です。また、BMW3シリーズのテストドライバーも重篤との報道あり。
事故の状況は、まだ検証中との事であるが、成瀬氏の運転ミスなのか!?日本とは逆の右側通行のドイツ。LFAのセンターラインはみ出しが原因なのであれば、3シリーズの左側のダメージが大きくなる訳ですが、右側のダメージが大きいようです。現場検証結果からの真相が気になるところですが、詳細はベールに包まれたままです。
BMWの損傷ダメージも大きいようですが、車高の低い車の方がダメージが大きいのか、3750万円のスーパーカーも正面衝突の衝撃には耐えられないのかもしれません。

ご冥福をお祈りします。

事故現場には、現在、日本のしだれ桜とドイツの桜の2つのオマージュが飾られているそうです。

成瀬弘氏の事故原因の真相とは

真相は明らかになっていませんが、レクサスLFAの事故原因としては、2パターンが考えられます。

LFAがセンターラインオーバーのケース

  •  正面衝突の回避の状況下で日本の左側通行のクセが出た
  • さらに左側にハンドルを切った可能性もあります。

地元警察やラジオの見解です。ドイツ人として、自国メーカーに配慮したのでは?という解釈もできますが、地元での認識もLFAがセンターラインオーバーとなっている可能性が高いです。
LFAの事故車両は反対車線側で停車しています。事故は右側通行のドイツで発生した事故であり、事故車両の位置関係からすれば、LFAがオーバーランし、そのまま停車したとの推測が優先される可能性が高いです。

この位置関係から、ドイツの法規に従えばBMWは被害者になり、LFA側が加害者と推察されます。その道路は公道であり、損傷度合いから、双方とも法定速度を超過していた可能性は高い。LFAの強度不足を指摘した意見もありますが、CFRPを採用するカーボンボディであり、より高速走行を想定し、輸出前提のスーパーカーであることを考えれば、BMWよりも強度が高いと推察されます。

BMWもLFAもフロントエンジンを搭載し、設計年次の新しさから衝突安全については、一定考慮されていると考えるのが妥当です。よって、粉々になっている正面衝突写真を見ると、破壊力の大きさや、衝突時の接触場所など、運も左右するところでしょうか。

BMWがセンターラインオーバーのケース

BMWがオーバーランした場合、瞬間的にどのような危険回避行動を取るでしょうか。

  • 急ブレーキで衝突の衝撃を和らげるだけに留まる
  • 反対車線側へ避ける

ドイツ側の報道とは逆の推理ですが、事故車両の位置関係からやや無理がありそうです。

公道を用いたテスト走行の意義

ニュルブルクリンクの近隣道路は、メーカーのテスト走行に使用された背景から、このような事故事例が過去にもあるようです。LFAやBMWもこの例に漏れず、堂々と公道テストをヘルメットを被って実施していたことになります。

今回のケースでは、ドライバーの不注意という点がクローズアップされていますが、この公道上の死亡事故を契機として、メーカー側の安全意識の改革に繋がったのではないでしょうか。
トヨタは愛知県の下山にテストコース新設しました。本LFA事故を契機として、メーカーが本腰を入れた結果と捉える事もできます。

トヨタ・テクニカルセンター・下山

事故とシートベルトの状況

4点式シートベルトが外れていた説

地元新聞では、両車ともシートベルト装着と報道されており、4点式シートベルトが外れていたという記述が正しいのか確認出来ていません。行動にも関わらず、ヘルメットを装着する運転を想定しているのですから、シートベルトを着用していたと推測するのが妥当でしょう。

体調不調により、シートベルト未装着の説

体調不調により、4点ベルトを外してドライブ、事故後の死体解剖無しで死因不明という説もありますが、地元新聞では、両車ともシートベルト装着と報道されており、4点式シートベルトが外れていたという報道はありません。

エアバッグ装置をオフにしていた説

LFA側は、テスト走行中の強いショックによるエアバッグの誤作動を防止するためにエアバッグ作動をオフにしていたとの説もあります。実際にビデオ・写真ともに、エアバッグは作動して全開になっており、エアバッグ装置オフ説は、誤りと判断されます。

BMWもLFAもドライバーはヘルメット装着

現地の新聞報道では、BMWの乗車2名、LFAの乗車1名は全てヘルメット装着とのこと。
「ヘルメット装着 = 危険なケースを想定している」と判断できるでしょう。
市販前の試作車(カモフラージュ加工)でも一般公道でテストしますが、スクープ写真上、ドライバーがヘルメットを装着していないケースが、ほとんどでしょう。ニュルブルクリンクの公道テストは、危険なシーンを予め想定したテストが行われていたと言えます。
その後、BMWはヘルメット装着を否定する見解を出しているようですが。

公道でのメーカーテストが実態の説

場所は、ニュルブルクリング周辺の一般公道です。両車ドライバーがヘルメットを被っていた状況から、法定速度を超えるリスクに備えたテスト走行と考えるのが妥当でしょう。結果的に双方とも自業自得という他ありません。
テストドライバーの自発的行為の可能性もありますが、一般公道という場所を考えれば、メーカーの監督責任も問われるところです。

LFAのメカニカルトラブル説

事前に専用テストコースおいて、一通りのテストを終了し、安全性を確保した上で、一般公道テストとなります。公道テストという低速域でメカニカルトラブルが発生したと考えるのは、あまりにも無謀な説です。

よって、スピード超過による単純な運転ミスの事故です。
レーシングドライバーといえども一般公道でのテストは問題外です。

ヘルメットを被っていたので自重で首に負荷が掛かったのでは?

レクサス LFAは”危険なクルマ”なのか!?その真相に迫る[国沢光宏 コラム] |  [CORISM]

自動車評論家の国沢氏の説ですが、運転席のエアバッグ機能はオフだったとする他記事が見当たらず、エアバッグが有効に機能していたのであれば、レース車両のような事故とならない可能性も高いでしょう。

ヘルメット装着が死亡原因説?国沢氏記事への反論理由

  • 死亡原因として「頚椎損傷」とする、他メディア記事が見当たりません
  • エアバッグが開いており、運転席エアバッグ機能オフとする、他メディア記事なし
  • 「ロールゲージ」が入っていない様にも見えます
  • 公道テストでは4点ベルトを緩めていた可能性もあり(推測です)
  • 顔を隠すことが目的なら、サングラスや帽子で良いでしょう。ヘルメットもスモークシールドが必須ですが、鬱陶しくて開けてしまうのでは?
  • ナンバー登録車両ですから、事故を起こせばドライバーの素性は隠せないでしょう。では、誰のために顔を隠す必要があるのでしょうか?
  • ヘルメット装着は、覆面用というよりも安全面と思われます。(顔を隠すためとする理由に違和感)
  • レーシングドライバーが「HANSデバイス」の有用性を知らず、ニュルブルクリンクの本コース走行用に未装着としていたなら、違和感がある。

LFAは欠陥車だったのでは?

下記の写真を見ると、軽自動車で見られる事故写真のように運転席部分まで潰れてしまうような、激しい損傷度ではありません。運転席は潰れておらず、エアバッグも開いており、乗員が助かっても良さそうな、空間が確保されているようにも見えます。LFAはカーボンモノコックボディですから強度的にも剛性的にもスーパーカースペックの強度を確保しているでしょう。LFAはミッドシップではなく、BMW同様にフロントエンジンのFR駆動ですからクラッシュゾーンも確保できています。当然、一般想定の衝突テストは実施済と考えられます。
ヘルメット装着前提での一般公道テストが、法定速度を超える速度であったとすれば、オフセット衝突テストを遥かに超える速度・衝撃だったと思われます。高速道路で粉々になった写真と同一レベルの損傷度と見られ、通常の法定速度でぶつかり、LFA側だけが粉々になったという設計ミスを想定した車両欠陥説は難しいと推察します。現在のオフセット衝突テストを超える速度域において、メーカー側の瑕疵責任は、問えないのではないでしょうか。

BMWのバンパーの高さや衝突位置、正面、オフセットなど、当たり所の悪さも影響しているでしょう。車両重量や重心位置の高さによっても衝撃力は変わってきます。いずれにしても一般公道でのテストによる危険性を甘く見たツケと思います。

BMWドライバーは助かり、LFAは命を落としたのか

今回の衝突後写真を見ると、双方の損傷度合いから、高速道路で粉々になった事故車両写真をイメージするほど、激しい事故です。仮にその推測ベースに考えると、一般公道におけるスピード超過、センターラインオーバーの正面衝突ですから、双方とも命を落としても不思議ではありません。単にBMW側ドライバーが助かったのは運だったのかもしれません。

公道走行において、ヘルメットが必要となるシーンはありません。
よって「速度超過を想定した走行を予定し、その危険性に備えたヘルメット装着」と考えるのが妥当でしょう。「市販開始前のテスト走行」として、渦巻模様のステッカーをボディ全体に張ったテスト車は、ヘルメット無しでテスト走行しているケースが多いです。
(ヘルメットを被るシーンは限定されるという事です)
センターラインを完全が車体がはみ出すようなスピードとなれば、コーナーのRにもよりますが、「速度超過によるオーバーラン」「ハンドル操作ミス」のどちらかと考えるのが妥当です。

成瀬弘(なるせ ひろむ) 氏の経歴(スペック)

トヨタ自動車株式会社のチーフテスト エンジニアとGazoo レーシングチームのチーフだった。トヨタ チームのテストドライバーとして47年間 (1963~2010)務めたベテランであり、世界中の道を知り尽くしたマイスターでもあった。また、レクサス LFAのチーフ テストドライバーでもあった。

1943年生まれで、認定自動車整備士として 1963年にトヨタ自動車株式会社に入社
最初に会社の車両評価と派遣社員としてエンジニアリング部門に異動。
そろばん2級証明書を保持し、経理部も経験。その後、トップテストドライバーとして評判を得て、以降はテストドライバーとして活躍した。

  • Hiromu Naruse  (1943–2010) was the japanese.
  • Chief test driver of Toyota Moter Corporation
  • Chief test engineer of Toyota Moter Corporation (1963 – 2010)..
  • Chief test driver of the Lexus LFA.

これまで開発を手掛けたトヨタのスポーツカー達は下記の通り。

チーフメカニック

  • 1965年:トヨタスポーツ800
  • 1967年:トヨタ1600GT(コロナハードトップ)
  • 1967年:トヨタ2000GT
  • 1970年:トヨタ7(5リッターターボ800ps)

開発・テストドライバー

  • トヨタセリカ
  • トヨタMR2(初代)
  • トヨタスープラ(2代目)
  • トヨタプリウス(2代目)
  • トヨタMR-S
  • レクサスIS
  • レクサスLFA(プロトタイプ)

2010 年6月23日(水)の死亡事故発生

ニュルブルクリンク近郊の一般道L94にてLFAにて走行中、BMW3シリーズとの正面衝突事故により死亡。(成瀬弘氏、享年67歳)
BMWは2名乗車で1名負傷、もう一名は危篤状態。BMWとレクサスの3名は全てヘルメット装着状態。

トヨタ7でも死亡事故が発生していた。

プレイステーションソフトのグランツーリスモでおなじみ「トヨタ7」です。超軽量ボディとハイパワーエンジンの組み合わせが非常にトリッキーなハンドリングとなっている。この高性能レーシングマシンが、1960年代末期に登場していたのだから驚きですね。

過去に福沢幸雄氏というレースドライバーがテストコースで事故を起こして死亡しています。事故の真相は闇だが、賠償訴訟により当時としては破格の6100万円という和解が成立しています。

技術的に未成熟な時代でもあり、設計、整備、車両、コース、ドライバー、管理監督のいずれに問題があったのかここでは記述を控えます。

まとめ

過去、テストドライバーの絶え間ないトライアンドエラーにより、自動車は進化しながら市販車にフィードバックされていると言えます。この事故を契機に、メーカー側の監督責任の強化・徹底を促し、テストドライバーの安全強化に繋がればと考えます。
謹んでお悔やみ申し上げます。

レクサス
スポンサーリンク
シェアする
査定君のくるま情報

コメント

  1. 山口正己 より:

    随分前の掲載に、今頃ですみません。ニュル24時間に参加した章男社長が、成瀬さんの命日に走られた後に、成瀬さんの思い出を語られていたのをキッカケに、いろいろ調べているうちに、ここに到着しましたので、時差をお許しください。
    まずは、改めて、成瀬さんのご冥福をお祈りします。

    さて、早速ですが、全体としては大変興味深くよませていただきましたが、ご説の結論は、ちょっと誤解がある気がします。

    「テストドライバーの絶え間ないトライアンドエラーにより、自動車は進化しながら市販車にフィードバックされている」。

    これが本当だとすると、テストドライバーは、みずからの体を張っている職業に見えます。本来であれば、運転の達人のはずですから、“トライとミス”が繰り返されることはないはずで、百歩下がってそうなのだとしたら、自動車メーカーがテストドライバーをモルモットのように使っている、ということになり、そんなことは根本的に許されないはずです。テストコースであれば、多少なりともその傾向はあるのかもしれませんが、事故現場は公道です。

    ズバリ、成瀬さんは、運転者としての最低の義務である“安全”を無視して公道を走っていたことなり、テストドライバーとして失格と言わざるを得ません。

    一方、乗っていたクルマが、数千万円もするハイパーカーだったにも関わらず、衝突に対しての安全レベルが極めて低かった、というのが壊れ方を見ても伺えると思います。

    トヨタから事後報告がないのは、世の中の“常識”からはある種当然の気もしますが、本来なら、自社の安全思想を訴えるためにも、そして「いいクルマ創り」を進めているのなら、反省として徹底的な解明をすべきですが、そうなっていないのは、都合が悪いから以外に考えようがありません。

    また、情報が出ないことに対して、一般マスコミがなにも反応しないことにも不自然さを感じます。いや、広告を止められては困る、という事情からは、しごく自然なのかも、ですけど。

    • 査定君 より:

      山口さん、ご意見ありがとうございます。
      「トライアンドエラー」という表現は和製英語で、日本における意味としては「試行錯誤」になります。

      渦巻模様のステッカーをボディ全体に張った試作車が公道上でテスト走行しているスクープ写真を見たことがあるかと思います。
      市販開始前に試行錯誤としてのセッティングやチューニングといったケースを想定した「試行錯誤=トライアンドエラー」です。

      テストコースの事前テストをふまえて、一般公道走行可の認可を得ていると思います。
      ですので運転技量に関係なく、素人的な「ミス」も許容する安全性は確保されていると考えます。
      一般公道走行可とは、運転者だけでなく、公道を利用する方の安全も守られなければいけないからです。

      今回は「法定速度を超えていたのか」が争点かと思います。
      ・法定速度を超える速度で、公道をテストする必要があったのか?
       →無い
      ・法定速度を超える速度で、衝突した場合の安全性を確保する義務はあるのか?
       →無い

      公道上でヘルメット被っていた時点で、ドライバーのモラルだけでなく、公道テストを実施させた監督責任を問われても良い案件かもしれません。

  2. 車体設計一筋30年 より:

    個人的な見解です。
    両車の法定速度超えやLFAのセンターラインオーバーの可能性との記述が多いですが、はっきり言ってこの事故はBMWのセンターラインオーバーを成瀬氏がとっさの判断で反対側(つまり対向車線)に回避したけれどBMWのハンドリングが復活し同じ車線に戻ってきた結果正面衝突と判断するのが妥当です。
    ドイツで何度も運転している人間からすれば「日本の左車線通行の癖で左に回避」など絶対に考えられません。ドイツで1日運転していればだまっていても体は右側通行に順応します。ましてやマスタードライバーの成瀬氏の様なスーパードライバーはサーキットだろうが公道だろうか確実に最善の回避策を取ります。
    この事故が死亡事故になった要因は車体の設計にあります。カーボンモノコックのキャビンをスペースフレーム構造で衝突エネルギー吸収を行う設計は世界的に見ても稀で、もちろんトヨタはLFAまで作ったことがありません。
    いろいろ異論はあるかと思いますが、根本的な死亡事故の要因は車体構造に無理があった(欠陥とまではいいませんが)と私は革新しています。

  3. とく より:

    GRMNヤリスの発表に伴い、いろいろネットサーフィンしていたらたどり着きました。
    HANSデバイスはご存じだと思います。その誕生の経緯を考えると、国沢氏の論調を真っ向から否定するのは強い違和感を覚えます。
    この事故においてHANSをしていれば助かったかどうかはもちろんわかりませんが、4点式シートベルトをしていてHANSなしでヘルメットを被った状態で正面衝突した、ということを考えると、体は固定されたまま(4点式でも若干は伸びますが)ヘルメットの重さが加わった頭が前方に強く引っ張られ、頚椎を損傷したということもひとつの可能性として十分に考えられるのではないでしょうか。

    • 査定君 より:

      とくさん、ご意見ありがとうございます。
      レース車両と異なり、運転席エアバッグが機能すれば、4点式ベルト影響でも頚椎損傷とならない可能性もあります。
      運転席エアバッグ機能オフの現地記事も見当たらず、国沢氏理論は推測の域を出ませんね。
      推測の可能性は否定できませんので、内容を修正しました。