新型レクサスRX(5代目2022)はダサイのか、失敗なのか

新型のレクサスRX(5代目)はダサイのか、先代RX4代目(AL20型)くらべて、ダサイ、売れないポイントを整理しました。

外観、エクステリアが好みで無い

3代目レクサスのスピンドルグリルとしては、ほぼ完成系となったグリルとライトであり、結果的にRXの販売台数からも大成功であると言えます。エクステリアのデザインもリアにかけて、スラントしたクーペ形状などもレクサスの影の屋台骨モデルとして貢献しただけのことはあります。

一方、新型も先代ベースのデザインを踏襲しており、ほぼ完成系デザインのキープコンセプトとも言えます。グリル、テール形状の細かいディテールの差こそあれ、販売的にマイナス要因になることは無いでしょう。

三眼LEDライトは、先代を踏襲。横長一直線のLEDテールはNX/UXモデルを踏襲。
デザインとしての鉄板路線をベースとしており、デザイン的な暴走は見られません。
NX/UXとのデザイン的な差別化も当然あります。

ロングホイールベース化の恩恵

レクサスが欧州車に比べて、なんとなくチープに感じる点として、ショートホイールのデザインにありました。特にレクサスの場合は、フロントマスクが長いデザインであるため、ボディ前後のオーバーハングを強調するイメージが強い傾向でした。
これは、小さい格下のショートホイールベース・シャーシに大きなボディを乗せた結果、ボディ前後のオーバーハングとして、無駄に長いデザインが強調されます。特に3代目ハリアーがフロントオーバーハングの長さでダントツのブサイクさで有名です。
今回の最新レクサスRX5代目、ホイールベースの延長(+60mm)により、より伸びやかなデザインになったと思います。

新スピンドルグリル

唯一のデザイン的なリスクとしては、ボディ同色化グリルでしょうか。ホンダヴェゼルなど、最近のトレンドでしょうか。
この新スピンドルグリルのデザインに対して、ネット上の意見としては、もはや見慣れたレクサスのグリルに抵抗感は無く、賛同的な意見が多いように感じられました。
もともと、レクサスのグリルに否定的な層を除き、基本的に良い方向に進化したと言えます。
少なくとも、北米や日本でもレクサスの認知度やブランド力アップに貢献しており、RXの売れ行きからも先代スピンドルグリルは成功したと言えるでしょう。

レクサスのスピンドルグリルが嫌い・ダサイ理由とは
査定君 レクサスのフロントグリル(スピンドルグリル)がダサイ・嫌いという声を多く聞きます。その原因と理由、今後のスピンドルグリルのデザイン動向について解説します。 スピンドルグリルが嫌い・ださい理由 ...

ただし、先代のメッキで縁取ったオラオラグリルに対して、ボディ同色グリルは、並んだ場合にパンチ力に欠けることは事実です。

インテリアデザイン

14インチモニターを搭載し、最新レクサスに相応しい画面サイズとなっています。

新型クラウン(16代目12.3インチ)、先代RX(12.3インチ)となっており、RX格のクオリティを維持しています。モニターや操作系の共通化の流れは、欧州車と同様であり、ここが安っぽいと感じるかは、難しいところでしょう。

インパネ周りのパネルの使い方などで、NXに比べて、RXとしての差別化もあります。
質感、高級感としても特にダメだしするポイントはありません。
ただ、レクサス共通なのか、欧州車が12インチ級のメーターパネルなのに対して、レクサスのメーターパネルサイズが小さい事です。
メーターに沢山の情報を表示する必要もなく、大画面が正義ではありませんが、ドライバーとしてやや見劣りする部分です、

グローバルを意識したボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4890×1920×1695mm
  • 従来型RXに比べて、全長は同一、全幅プラス25mm、全高マイナス10mm
  • ホイールベース:2850mm(プラス60mm)

EセグメントSUVを意識して、車幅を拡大してきました。
メルセデスGLEやBMW X5並みの全幅2メートル超えとなっていない点が救いですね。
ただし、日本向けのユーザーにとっては、1900mm超えは、やや辛い幅となっています。
RXは北米優先と考えれば、まあ納得できる数値です。
全長はBMW X5ですが、全幅、ホイールベースはX3という微妙な立ち位置のRX。これがRXの実力とマーケティングの結果なのかもしれません。

エンジンよりもATに大問題発生

レクサス新型RXエンジンのラインアップ

2.4L 直列4気筒ターボ ハイブリッド

RX500h F SPORT Performance 2.4L-T DIRECT4:「T24A-FTS」エンジン+parallel Hybrid+eAxle(トルコンレスの6AT

2.5L 直列4気筒 プラグインハイブリッド

RX450h+ 2.5L PHEV E-Four:「A25A-FXS」エンジン+Series Parallel Plugin Hybrid+リアモーター(THS)

2.5L 直列4気筒 ハイブリッド

  • RX350h 2.5L HEV E-Four:「A25A-FXS」エンジン+Series Parallel Hybrid+リアモーター(THS)
  • RX350h 2.5L HEV FF:「A25A-FXS」エンジン+Series Parallel Hybrid(THS)

2.4L 直列4気筒 ターボエンジン

  • RX350 2.4L-T AWD:「T24A-FTS」エンジン+Direct Shift-8AT+電子制御フルタイムAWD
  • RX350 2.4L-T FF:「T24A-FTS」エンジン+Direct Shift-8AT

トルコンレス、クラッチAT採用のリスク

最新2.4Lターボは、パワーも文句なしでしょう。最大のリスクは、「RX500h F SPORT」に搭載されるVWやアウディ、ホンダのDSGでリコール多発のクラッチ式(トルコンレス)を採用していることです。すでに、本家DSGも昔から7速ATが主流なのに、レクサスの上から2番目のSUVにたった6速のクラッチATを搭載するなど、暴走もいいところです。せっかくの最新ダウンサイジングターボやHVシステムとの連携も台無しでしょう。

日本車は、世界中で高級車市場は多段AT化が進む中で、無段変速のCVTを進化させるなど、無段変速のスムーズさを重視してきました。ここにきて、なぜTHS2を捨ててまでクラッチAT(それもたった6速)を採用するのか意味不明です。

想定ライバル

クラウンSUVの3兄弟は、全く眼中になく、RX指名買いの方が多いでしょう。レクサスNXのステップアップ層にもなります。また、ランクルの納期が遅すぎて流れてくる可能性もありますが、同じSUVといえどもジャンルが異なりますね。

価格的には、メルセデスGLE、BMW X5、ランドローバーイヴォーク、ボルボXC60などが該当するでしょう。

レクサスRXはダサイのか、まとめ

フロントグリルにデザイン的なチャレンジが見られ、この点ではスピンドルグリルに見慣れた層には、リスク(ダサイ)となるでしょう。スピンドルグリルは、すでに第二、第三世代としてのデザイン進化を遂げており、ダサイという言葉は当てはまりません。

V6エンジンが無くなり、純粋なNAエンジンのみ搭載車も無くなった点では、ダウンサイジングターボかハイブリッド、PHVというラインナップであり、世界基準に追いつき、ハイブリッドではトヨタらしさもあります。
インテリア面でも14インチモニターとなり、世界基準でもテスラを除き、小さくチープなモニターサイズとは感じないでしょう。この点でも先代比で正常進化と言えます。

先代でダサかった点のショートホイールベースによるオーバーハングの長さがポイントでしたが、この点も解消しつつあります。まとめとして、新型レクサスRXは、5代目となり、先代から継承していたダサイ点を解消しているようです。

最新RXの最大のリスクは、トルコンレスAT(いまどき6速AT)を採用するモデルが、ダサイとなります。レクサスの屋台骨に成長したRXは鉄板モデルとして失敗は許されません。その点で、6速AT搭載モデルを避けることが、最新レクサスRXは「ダサくない」グレード選びのコツです。これを「まとめ」とさせていただきます。

レクサス
スポンサーリンク
シェアする
査定君のくるま情報

コメント