レクサスLFAの評価はダサイのか

LFAの名称は「エルエフエー」

LFA(エルエフエー、Lexus LFA)は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」が、2010年12月から2012年12月にかけて限定500台生産・販売した2人乗りのスーパーカーである。

市販化までの経緯

「Lexus Future Advance」の略称が名称となりLFAとなる。

ショーデビューは、2005年デトロイトショーであるため、市販化へは4年の歳月が流れている。
当初、アルミで開発されたボディが、カーボンボディに設計変更されたこともデビューが遅れた要因だそうだ。LFA1.jpg
LFA2.jpg
LFA3.jpg
LFA4.jpg
LFA5.jpg

V型10気筒エンジンは560馬力、8700回転

FRの駆動系、上級スーパーカーらしいスペックであるが、最近ではそのパワーを超えるマシーンが数多くあり、パワースペックだけでは、その高性能が伝わらない。
初期モデルなら、GT-Rに劣る性能で価格は2倍という感じだろうか。
LFA6.jpg
LFA7.jpg
LFA8.jpg
LFA9.jpg
LFA10.jpg
そこで、総合的な性能アップの為のカーボンボディ採用となる。
カーボンボディにより、150~200キロの軽量化を可能とし、1500キロ以下に抑えている。

市販化のスペックと価格

価格は3750万とスーパーカーレベル

パワーウェイトレシオでもスーパーカーに恥じないレベルとなったが、価格は3750万と、レクサスでも有り得ない価格帯に突入した。価格は、さらに2倍に跳ね上がった感じか。
デザインは、デビュー当初から大きく変更してきた。個人的には、前回モーターショーの感じが良かったのだが・・・。今年度のモーターショーでは、パッと見で「カッコ悪?」の声も聞かれた。
このあたりは、慣れもの問題も大きいが、第一印象で、イマイチに思ったスーパーカーも珍しい。
アクの強さは、車のデザインとしては重要なだけに、市場の評価が気になるところだろう。

ニュルブルクリンクラップのラップタイム

2010年12月より市販仕様車の生産が開始され、前述の方式で決定した購入者に順次納車されました。また全500台のうち約50台は、サーキットでの走行を重視した高性能仕様「ニュルブルクリンクパッケージ」として、2012年初頭より生産されました。生産開始が遅れたのは、さらなる高みを求めて期限ぎりぎりまで開発、テストを継続したためであり、その成果は2011年8月末、ニュルブルクリンク(北コース)での確認走行において、飯田章のドライブにより、量産車メーカーの市販FR車としては当時最速の7分14秒64の記録しています。タイヤは標準仕様車とサイズは共通であるが、グリップ力を一層高めた専用設計のブリヂストン製POTENZA RE070を装着していました。

当時、シボレーコルベットは638ps、1519キロのZR1に比べて、勝っているかと言えば、微妙なところです。価格は1/3以下でもある。日本車が強いとされた、安さと性能の両立、コストパフォーマンスの分野でも完全に劣っています。あのランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラは、530ps、1330キロで、2555万が安く感じるから不思議である。
そうした、スペック・ベンチマーク必勝主義の土俵で語られることは、LFAにとっては避けられない運命。

優雅なFRスーパーカーは、ニュルとは無縁の世界として語るべきなのかもしれない。
しかし、カーボンボディのスペックでは「タイムより官能」などという甘さは許されないだろう。
高価なフェラーリFRモデルと同一のブランドイメージを確立させることが目的なのかもしれないが、時期尚早だろう。日本車が初参入?のスーパーカー市場。プアマンズ・フェラーリと言われたホンダNSXに比べて、レクサスLFAがスーパーカーに認知されたのか、現時点では微妙なところかもしれない。

市販化後の評価はダサイのか

現在のレクサスを象徴するスピンドルグリルデザインとは、なっておらず、現在のこのスタイルを見てもスポーツカーらしいスタイリングとなっています。


LFAテストドライバーの事故死など、若干ネガティブなイメージもありますが、世界的な販売には影響を受けてはいないようです。
https://kuruma.rdy.jp/lexus/toyota-lfa-driver-naruse-vs-bmw/

高評価

  • トヨタの高品質感
  • 数値スペックよりも実性能

低評価

  • 3750万あれば、欧州車スーパーカーを買う
  • FRの駆動形式がイマイチ
  • デザイン的なオーラ(ここは好き嫌いが分かれる)
レクサス
スポンサーリンク
シェアする
査定君のくるま情報

コメント