スポンサーリンク

VWアウディ中古車が安い理由を解説

査定君
査定君

VWやアウディの中古車が一段と安い相場になったと聞きます。それは本当でしょうか。アウディ中古車が安い理由を解説します。

スポンサーリンク

日本でのブランド構築に失敗した

時は、2010年。「B8型と呼ばれるモデル形式名のアウディA4」は、特徴的なLEDライトで登場しました。当時のライバル車のBMW3シリーズやメルセデスCクラスよりも、新鮮な魅力を放っており、アウディA4は、急激に販売台数を伸ばしました。

ベンツやBMWに飽きた富裕層を一時的に取り込むことに成功したのです。
しかし、ブランド構築に一番大切な、アウディファンを増やす。リピーターに繋げるという基本的な営業戦略、ブランディングに失敗してしまいました。

アウディの人気がない理由は値段が高い
アウディは人気がない、売れないとの声がネットで聞かれました。それは本当でしょうか。具体的に人気がない、売れない、不人気、欠点と、その理由とは?。値段が高い事が理由なのかを解説します。

ブランドイメージ向上策が裏目に

当然、ベンツやBMWに対してブランド力に劣るアウディです。
しかし、A4の成功体験がブランディング戦略を誤った方向に向かわせ、日本市場のユーザー嗜好、動向を正しく捉えず、御三家イメージ構築に邁進したことが原因です。

ボディサイズをライバルより、一回り大きくする戦略

お手頃感を演出する戦略

ボディサイズの大型化、見栄え優先のアウディ
アウディのボディサイズ大型化路線 アウディA4のB8型は、2008年の導入で一定の成功を収めました。ボディサイズがライバルセグメントのCクラスや3シリーズに比べて、一回り大きかったことも立派に見えた理由です。安全性の向上やデザインの見直しな...

グレード名の数字を大きく見せる戦略

アウディのグレード数字が意図する戦略とは
メルセデスやBMWのグレード数字に比べて、アウディのグレード数字に違和感ありとの声も聞かれます。どのような点でグレード数字に違和感があるのか?を解説します。

比較広告

海外では、当たり前のコマーシャルですが、日本では理解できない内容ですね。

  • メルセデス:快適?
  • ボルボ : 安全?
  • BMW:スポーティー?
  • アウディ:すべてを満足させます・・・やり過ぎ感満載

御三家に並ぶ強引戦略は失敗、ボルボは堅実路線

日本では、輸入車大手ディーラーの「ヤナセ」が長年に渡り築いた序列イメージが、富裕層には染み付いています。VW車の兄貴分という位置付けがアウディです。
決して、メルセデスと同列・同格などというブランディングは日本人の富裕層の脳内イメージとして定着も確立していません。

女性誌、経済紙を筆頭に、CMの派手な宣伝も定着せず

2010年以降、不思議と「女性が選ぶ車ランキング」の上位に、アウディやマツダ車が登場してきます。
ネット民にとって、鉄板人気の「ベンツ、BMWを差し置いて、なぜこの順位?」というイメージ操作に気が付き、定着してしまうのも当然の結果でした。

ボルボは、少しづつチカラを付ける戦略

ボルボは、知名度もアウディ並みでした。1980年代以降、スキーブームに沿って、アウディのクアトロ以上に、ボルボワゴンは、その地位を確保してきました。
しかし、御三家の一角であるなどという、身分不相応なブランディングに走らず、安くて堅実、安全性、SUVというイメージを固めつつ、ブランドイメージを高めてきたのではないでしょうか。

ボルボV40だけでなく、上位グレードも売れるボルボが本来の姿

カーオブザイヤー受賞は、中身だけでなくデザインや価格も控え目だからこそ、販売台数を伸ばし、上位グレードへの乗り換えという、ボルボブランド内の「いつかはクラウン」という流れに繋がっています。

価格設定は、割高感のみ

アウディのエントリーモデルを購入した輸入車初心者やVWからのステップアップユーザーが、上位モデルに乗り換える流れに繋がりません。
結果、同じ価格帯なら、ベンツやBMWに乗り換えてしまう流れです。もし、ライバル車に対して、100万程度安価ならブランド力や価値に見合っている可能性も高いのですが、現状は価格に見合っていないからなのです。

アウディの価格と価格帯は妥当なのか
査定君 アウディの価格設定は高いのではないか?との声も聞かれます。ネット上では、高級車としての比較記事が散見されますが、販売実態としては低迷が続いているようです。価格帯としての設定は妥当か、高いのか、実態に迫ります。 アウディの価格帯 R8...

販売の主力は、エントリーモデルA3に

B8型アウディA4は、後継モデルのB9型アウディA4への乗り換え、A6へのステップアップに繋がりませんでした。これは、一時的な人気を得たものの、一気に冷めた結果といえます。
冷めてしまえは、後の祭りです。富裕層は本来のメルセデス、BMWだけでなく、移り気な層はアウディに留まることはありません。ボルボやポルシェなどにもスライドしていきました。

VWディーゼルゲート事件

VWディーゼル車の不正排気ガス問題で、世界的にVW車の販売低下に繋がりました。
VWグループ内のアウディ車も影響を受けましたが、国内は比較的軽微なイメージダウンに留まった感じでしょうか。

DSG、Sトロニックの不具合多発

スムーズな変速を行うトルコンATに慣れた国産、輸入車層にとって、デュアルクラッチのシフトショックとトラブル多発は、敬遠する要因にもなりした。

SトロニックやDSGの耐久性と乗り方のコツ
査定君 VWのDSGやアウディSトロニックは、日本で故障や不具合トラブルが多発しているようです。故障修理は、ミッション全交換となり、費用は、なんと100万円オーバーとも言われています。そのリスク対策としての耐久性や乗り方のコツを整理しました...

A3/Q3層に中古車価格を支えるチカラ無し

アウディの中古車ディーラーには、エントリーモデルが中心に並びます。いつのまにか、新車販売の多売車種がエントリーモデル主体となってしまったアウディですから、当たり前の流れですね。
これは、中上級モデルも万遍なく並ぶメルセデス、BMW、ボルボとは明らかに異なる光景なのです。
VWや国産車から流れた層もアウディのエントリーグレードに興味が湧いたのも比較的安いからであり、中古車価格も維持より、価格下げ方向に市場原理の圧力が働きます。

右ハンドル車軽視の車造り

この点では、他の欧州車メーカーと比べて、かなり気になる点でしょう。この点に気づく欧州車ユーザーが、上級モデルに向かないのも必然的な流れです。

アウディ・ポルシェの左足元が狭い問題を語る
査定君 「アウディ・ポルシェ 足もと 狭い」という不満の声が多いようです。 右ハンドル車に乗る方は、不満に感じていないのでしょうか?。狭すぎる原因に迫ります。 アウディのボディベースは足元狭い問題 アウディとボディを共有するポルシェも右ハン...

アウディ中古車が安い理由:まとめ

  • 御三家のブランディング構築に失敗し、格下ブランドが定着した
  • 新車もエントリーモデルが主力になった

ベンツ、BMW、そしてボルボもSUVを除けば、中古車価格は一気に下がります。
特にアウディのエントリーモデルは、中古車市場でも個性的なBMWミニのようなインパクトはありませんので、必然的に中古車価格は安い傾向となります。

安いから高年式がねらい目

このチャンスは、高年式の低走行のアウディ中古車が安く買えるメリットでもあります。
特に新車から5年以内、4万キロ以内の正規ディーラー保証付き中古車がお勧めという「まとめ」になります。

 

 

Audi
スポンサーリンク
シェアする
辛口くるま評価の査定君