査定君

スポンサーリンク
スバル

新型レヴォーグは失敗!デザインがダサイ理由

査定君 2代目の新型レヴォーグは、カーオブザイヤー受賞にも関わらず、売れないようです。「ダサい」「ブサイク」「かっこ悪い」「 旧型の方が かっこいい」などの声も聞かれます。失敗の原因は、デザインに問題あるのか、理由を解説します。 新型レヴォ...
レクサス

新型レクサスNXはダサイという欠点やデメリットを解消

査定君 2022型モデルとして、ラグジャリー・クロスオーバーSUVの新型レクサスNXが登場。先代RXに流れていた層も新生レクサスNXを期待させる内容です。先代レクサスNXのダサイ・しょぼい点は解消したのでしょうか、解説します。 RXのシェア...
ホンダ

ホンダeの生産中止がダサイ・失敗の原因

コンパクトBEVとして、デザインも斬新なホンダeは、たった3年で生産中止となりました。「HONDA e」の失敗は、何が問題だったのか、中古車は買いか、実態を解説します。
マツダ

CX-60中古車に見るマツダ地獄復活のキザシ

査定君 CX-60は出たばかりというのに中古車の台数が溢れる状況です。 これは、マツダ地獄復活の兆しでしょうか。CX-60中古車は安いのでしょうか。その実態を解説します。 CX-60 中古車市場の概況 驚愕の事実にお気づきだろうか? 202...
トヨタ

新型シエンタのデザインがダサイ、失敗なのか

2022年登場の3代目、新型シエンタのデザインが「ダサイ・ひどい」と噂になっています。 2代目シエンタは登場当初、大胆なデザインに抵抗を示す方も多かったものの、デザインの良さが認められ販売台数も安定のベストテン入りでした。 一方、新型シエンタのデザインは、ダサイ・失敗・がっかり・ひどいの意見が見られました。その理由を探ります。
ホンダ

ホンダのヴェゼルはダサイのか、失敗か

ホンダのヴェゼルの2代目は「ダサい」のか「失敗」なのか、 初代に比べた低迷理由は、デザインにあるのかを解説します。
日産

スカイラインが不人気で売れない車の理由

査定君 セダン不人気の流れは止まらず、スカイラインも少量販売車種の筆頭になってしまいました。 不人気車、売れない理由を解説します。 従来のスカイライン・セダンの変遷 箱スカ、ケンメリ、ジャパンと往年のスカイラインが日産の顔となりました。 写...
トヨタ

EV化は日本車潰しか、陰謀論の理由とは

「EV化はトヨタ潰し」「EV化は日本車潰し」という記事を見かけました。これは欧米がハイブリッド車が強い日本潰しのために仕組んだ陰謀論なのでしょうか。その真相を解説します。
スバル

スプレッドウィングスグリルは失敗では無かった

スバルの黒歴史として、過去のものとなったスプレッドウィングスグリルです。 このグリルデザインは「ダサい」に認定され、販売不振になったのでしょうか。販売不振の理由は別にあると考えます。
トヨタ

トヨタはEVを作れないのか?あえて作らない理由

時代の流れはBEV一択。CO2の排出量が少ないからというハイブリッド車の優位性を語れた時代は、すでに終っているのです。 いまだに優位性を語るメディアって、どうよ!を解説します。
ホンダ

ホンダ車のグレード検索、車体番号検索の方法とは

ホンダ車のグレード検索や車体番号検索について、検索の仕方を解説します。 自動車検査証(車検証)をご用意の上、ご利用ください。
IT関連

光回線IPV6方式のONUとルーターの接続図、接続方法

査定君 ネット上には、IPV4方式やPPPOEなどの旧情報が溢れており、IPV6の設定の流れがイマイチわかりずらいようです。最新のIPV6方式は設定は簡単になりましたので、設定内容を整理します。 IPV6対応 従来のIPV4方式では、システ...
スポンサーリンク