査定君

スポンサーリンク
電気自動車

BEV専用プラットフォームは危機なのか

査定君 HEV勝利と騒ぐ日本メディアの中で、早くも「BEV専用プラットフォームは危機」という上から目線な記事を見かけました。これは本当でしょうか。独自の分析内容を説明します。 VWは普通にロードマップを進めているだけ 日本では、VW(フォル...
マツダ

CX-5がフルモデルチェンジをしない理由

第6世代のマツダCX-5がフルモデルチェンジしていません。 第7世代のマツダCX-50へ代替せずに日本で売り続ける理由とは何かを解説します。
レクサス

新型レクサスNXはダサイという欠点やデメリットを解消

査定君 2022型モデルとして、ラグジャリー・クロスオーバーSUVの新型レクサスNXが登場。先代RXに流れていた層も新生レクサスNXを期待させる内容です。先代レクサスNXのダサイ・しょぼい点は解消したのでしょうか、解説します。 RXのシェア...
日産

日産VCターボのメリット、デメリット

日産の可変圧縮比エンジン(VC-TURBO)が登場しました。画期的なシステムです。E-powerの発電用エンジンとして、圧倒的な静粛性が注目のポイントです。VC-TURBOエンジンのメリット、デメリットを解説します。
IT関連

ワードプレスのページ分割時に全ページで全目次を表示させる方法

ワードプレスのCocoonテンプレートの目次は、Table of Contents Plusに準拠した仕様となっており、ページ分割時、ページの内容に対応する目次しか生成されません。(全ページ分の目次は、ページ先頭のみ作成)。ユーザーインター...
日産

日産e-POWER 対 トヨタTHS II のメリデメと優劣とは

査定君 ハイブリッドシステムとして日産の第2世代「e-POWER」とトヨタの「THS II」。 具体的なメリットとデメリット、優劣について解説します。 日産e-Powerの特徴 e-POWERはガソリンエンジンを発電専用とし、電気モーターを...
辛口な自動車全般

自動車保険、損保ジャパンから他損保への乗り換えを行うべきか

査定君 昨今のBM社(ビックモーター)の件を受けて、自動車保険を確認したところ損保ジャパンでした。他損保への乗り換えを行うべきでしょうか?。切り替えを行うならどこの保険会社が良いのか、解説します。 ビックモーター問題の概要 ビッグモーター社...
トヨタ

2030年に350万台というトヨタEV販売台数は実現可能なのか

2026年に150万台、2030年に350万台というトヨタEV販売台数の目標が掲げられました。高みに到達できる包括的な技術開発の基盤は本当でしょうか。解説します。
Audi

アウディA4の車幅は1845ミリもあるって!?

査定君 2000年代のDセグメントが、車幅1800ミリに収まっていた時代、1825mmの車幅で登場したアウディA4のインパクトについて、振り返ります。 なお、今では当たり前のサイズになっています。 2009年時点でアウディA4は、1825m...
マツダ

MX-30はダサい?売れない理由

MX-30がダサいとの声が多く聞かれます。売れない理由とは?ネット上では売れない・ダサイとの意見が多く聞かれます。その理由を徹底解説します。
トヨタ

オワコン水素が普及しない理由

世界では、次世代自動車の本命がBEV(バッテリー電気自動車)とされてるにも関わらず、日本製BEVの販売が出遅れていると指摘されています。 このEV出遅れの理由は、FCVオワコン・FCV失敗が原因である理由を解説します。
車買取一括査定

車査定時にチェックされるポイントと注意点

査定君 車査定時にチェックされる各種確認ポイントや注意点について解説します。 車査定時にチェックされるポイント 愛車を売る先として真っ先に思いつくのが、新しい車を買うディーラーでの下取り、中古車購入時の下取りというパターンが多いでしょう。 ...
スポンサーリンク