R33スカイラインGT-Rが失敗でない理由

査定君
査定君

R33 GT-Rは「駄作」「失敗作」「不人気」の噂は本当でしょうか。
R32、R34と比較して、本当に失敗なのか、その実態を解説します。

R33「失敗理由3つ」ってどうよ

ネットで、余りにも意味不明な理由が「3つ」書かれていたので反論します。(サイトは探してね)

1:デブになった

シルビアS14同様、旧オーナーや評論家が、必ず言い出すセリフですが「見た目でデブ」という表現は正しいでしょう。
ただし、現在の車を見れば、衝突安全性を考慮して、重厚長大・ボリューミーなクルマばかり。
あらゆる性能向上の結果を見れば、たった10センチの拡大に騒ぐ意味がありません。

R33は豪華なセダンでもありません。R32よりもチープになった部分もあります。
日産の営業的にベースセダンの大型化が命題であり、その延長線としてのクーペですから、セダンに引っ張られて、クーペが大型化したに過ぎません。
当時は、スカイラインを名乗り、セダンとクーペは、運命共同体だったのです。
GT-Rユーザーが、ボディの大型化を望んだ結果では一切ありません。

漫画評価の影響が一人歩き

  • 頭文字D:下げ・低評価(狭い峠道主体)
  • 湾岸ミッドナイト:上げ・高評価(高速道主体)

2:運転がつまらない

  • 前後重量バランス(F:R)
  • R32:59.4:40.6
  • R33:57.5:42.5
  • R34:55.0:45.0

今の視点で見れば、R32は、FR車にも関わらず超フロントヘビー4WDであり、大アンダーステア大会だったのです。
R33はハンドリング面でも大幅に改善されました。筑波ラップだけ見ても、実ポテンシャルの性能向上は言うまでもなく、ボディの大型化やホイールベースの延長など、イメージから語っているに過ぎません。

R33はホイールベースの拡大だけでなく、タイヤ直径もワンサイズアップしており、操安性の向上、前後重量バランスの適正化など、レーサーから見てもメリットでしかありません。

3:リミッターが多すぎた

280ps規制は、R33に始まった訳ではありませんし、R33チューンドカーが、当時絶滅した訳でもありませんが、この指摘は何でしょうか?

  • R32のECUは、8ビット
  • R33のECUは、16ビット

エンジンの信頼性も性能も、当然向上しています。
当時もR33リミッター解除、パワーアップパーツは、潤沢にあり、ポン付けパーツもありました。
むしろ、R35の純正タイヤ以外は、ディーラー保証外など、に比べれば非常に緩い時代だったのです。

ニュルブルクリンクのラップタイム

グランツーリスモを筆頭にゲームで慣れ親しんだ方も多い、ヘビーなコースです。
全長20.832kmのサーキットが「ニュルブルクリンク北コース」です。

  • R32スカイライン:8分24秒
  • R33スカイライン:7分59秒887
  • R34 Z-tune:7分54秒

「マイナス21秒のロマン」

というキャッチフレーズを掲げた2代目スカイラインGT-R(R33)です。
R32から、21秒短縮という驚異的なタイム短縮となっています。
次期モデルのカリカリチューニング版R34 Z-tuneとの差は、僅かです。

NISMO R34GT-R Z-tune

NISMOより、R34型GT-Rの最終形態ともいえる、2.8L化されたRB26DETTを搭載するNISMO R34GT-R Z-tuneが20台限定1774万5,000円で発売されました。

R35のニュルブルクリンク・タイム

日産GT-Rのニュルブルクリンクラップ変遷
ニュルブルクリンク北コースの市販車ラップ ニュルブルクリンク北コース「Nordschleife(ノルトシュライフェ)」(全長20.832km)において、GTRが仕掛けたポルシェに対するラップタイムバトルが加熱しているようですね。 マイナ...

筑波のラップタイム

  • R32スカイライン:1分09秒98 「1989年 R32 スカイラインGT-R発売 実力テスト」
  • R33スカイライン:1分03秒58 「CARトップ2007年2月号」
  • R34スカイライン:1分02秒143 「CARトップ2007年2月号」R33より、1.4秒短縮の記載
  • R35(08):1分2秒119
  • R35(09):1分1秒34
  • R35ブラックエディション:1分00秒72
  • R35ピュアエディションforトラックバック:1分01秒81
  • R35GT-Rニスモ(MY14):1分00秒97
  • R35GT-Rニスモ(MY17):1分01秒24
  • R35GT-Rニスモ(MY18):1分00秒229

※R35タイムはWikipediaより引用

R33広報車のチューニング発覚事件

1995年のカー・ビデオマガジンで、レーシングドライバーの土屋圭市氏が恒例の筑波アタックに参戦した。
土屋氏の個人R33 V-Specと日産広報車R33との対決では、土屋氏が惨敗した結果となった。

  • 市販モデルよりも低い車高
  • キャンバー角の変更
  • ブーストアップ。
  • スペシャルチューンが発覚

この結果からのネットの声

  • そもそも、サーキットやテストのタイムって怪しくね?
  • 広報車のリアル。当たり前でしょ。なにを今さら。

販売台数推移

年式を問わず、登場から末期まで、コンスタントに売れたR32。
この流れから言えることは、R32デザインは、完成系であったと言えます。

年式 R32 GT-R販売台数
1989 4555
1990 8426
1991 7081
1992 7961
1993 6204
1994 7645

単年度として、R32-R33-R34の中でトップセールスの販売台数を記録。
以降は、ユーザーに行き渡った結果、販売は下降線。
この販売推移の傾向は、デザイン失敗モデルに有りがちな流れです。

年式 R33 GT-R販売台数
1995 8446
1996 4093
1997 2708
1998 1175

すでに、GT-Rというよりもスポーツカー人気自体が低迷。サイズダウンが販売回復に繋がらず。
シルビアS15同様、「大型化は悪」という評論家の作り上げた虚像に踊らされた結果となった。

年式 R34 GT-R販売台数
1999 5536
2000 1859
2001 2197
2002 1775
2003 2

R32スペック

初期モデルは、エアバッグも付かない時代です。安全性も言わずもがなです。

  • ボディサイズ:全長×全幅×全高4545×1755×1340mm
  • ホイールベース:2615mm
  • 車重:1430kg
  • エンジン:RB26DETT型 (直6・4バルブ DOHC・ツインターボ) 2,568cc
  • 馬力・トルク:280ps/6800rpm、36.0kgm/4400rpm
  • タイヤサイズ:225/50R16

R33スペック

今となっては、目くじらを立てるほど、大きなサイズでもない。

  • ボディサイズ:全長×全幅×全高4675×1780×1360mm
  • ホイールベース:2720mm
  • 車両重量:1530kg
  • エンジン:RB26DETT型 (直6・4バルブ DOHC・ツインターボ) 2,568cc
  • 馬力・トルク:280ps/6800rpm、37.5kgm/4400rpm
  • タイヤサイズ:245/45ZR17

R34スペック

R33で叩かれたせいで、むしろ大型化すべき売れ筋セダンすら、サイズダウンする有り様。

  • ニュルパッケージ
  • ボディサイズ:全長×全幅×全高4600×1785×1360mm
  • ホイールベース:2665mm
  • 車重:1580kg
  • エンジン:RB26DETT型 (直6・4バルブ DOHC・ツインターボ) 2,568cc
  • 馬力・トルク:280ps/6800rpm、40.0kgm/4400rpm
  • タイヤサイズ:245/40ZR18

R33は駄作、失敗作でない理由

タイヤがワンサイズ上がった

  • R32タイヤ幅(直径):225mm(631mm)
  • R32タイヤ幅(直径):245mm(652mm)

R32に比べて、R33は、タイヤ幅や外径が大型化し、明らかにグリップパワーや操安性にプラスに作用します。
R34とは扁平率が異なるのみで、タイヤ幅と直径は同一。

ホイールベースが105mm延長

ニュルのタイムを見れば、操安性に寄与していることは言うまでもないでしょう。
ボディの大型化で「ざんざん叩かれているR34」ですが、ニュルブルクリンクや筑波のタイムを見る限り、タイム向上に寄与していることがわかります。
ホイールベースは、R35の2780mmと比べれば、6センチも短く、ネガティブに捉える意味はありません。

絶対性能は大幅に向上

基本的な性能は、R32対して大幅に向上していることは、サーキットのタイムからも判断できます。
R33の大型化や重量増100kgがマイナス要因になっておらず、最高速もゼロヨンも数値的には向上してます。

  • R32:最高速248.0km/h、ゼロヨン12秒98
  • R33:最高速262.0km/h、ゼロヨン12秒55
  • ※ベストカー誌:矢田部テスト

レース戦績を残せず

R32でタイトルを総なめにした結果、レースレギュレーションから締め出されたため、R33では主だった戦績を残せていません。
ただし、これを理由として、R34の実販売台数に影響していません。
ネットでは、この部分へのネガティブな指摘がありますが、単なるイメージ上の話でしょう。

内装がチープ

R32比でシートの質感が落ちたとする指摘があります。
ただし、これを理由として、R34の実販売台数に影響していません。
ネットでは、この部分へのネガティブな指摘がありますが、単なるイメージ上の話でしょう。

試作車デザインがイマイチだった

1993年の第30回東京モーターショーに展示されたR33試作車の評判がイマイチで、大幅変更したとのネット記事があります。
グリルとリヤウイングの小変更に留まっており、ライト形状がイマイチな点は改良されませんでした。ただし、これを理由として、R34の実販売台数に影響していません。
ネットでは、この部分への指摘がありますが、単なるイメージ上の話でしょう。

R33とR34のデザイン的失敗の理由

R32デザイン

当時のZ32とは対極的な、力強いデザインのR32
当時のZ32フェアレディZと対極的な厳ついマスクは、デザインも完成系。
ライトとウインカーのデザインも絶妙です。

  • 直線的なライト形状、インパクトのあるウインカーが目印
  • 力強いBピラーやバンパーは、完成の域

R33デザイン

丸みを帯びた大失敗日産デザインとなるS14シルビアの先行型R33
丸みを帯びたタレ目ライトに、なぜかミスマッチの取って付けた感の丸ウインカー

  • 丸みを帯びたライト(シルビアS14と同様の失敗デザイン)
  • ライト内部の形状もシャープさに欠ける
  • ウインカーをバンパーに移動も敗因

R34デザイン

ライト、ウインカーという、車の顔とも言えるデザインの消化不良のR34。
当時、経済誌にすら「ガンダム」と形容されたデザインは、万人向けとは言えず、デザインの失敗感が足を引っ張ったR34と言えます。

  • ガンダム感満載のデザイン未成熟なバンパーエアダクトが随所に。
  • つり目にしたのに丸みを帯びたライト(シャープさに欠けるイマイチデザイン)
  • なぜ、このウインカーの位置と形状なのか。取って付けたチープデザイン

R33スカイラインが失敗でない理由のまとめ

  • ニュル、筑波、最高速、ゼロヨンともに、全てR32を凌駕しているR33
  • 実際、机上スペックや実性能差ではR34に近い性能
  • 大型化や重量増を騒いだのは、自動車評論家や旧R32オーナーであり、実際には初年度トップセールスを記録
  • ただ、試作車でも指摘されたデザイン面は、根本的に直っておらず、S14シルビア同様、当時の日産イマイチデザインを受けついてしまったのが敗因。(この点は失敗
  • 大型化、重量増という評論家と雑誌が作り上げた負のR33イメージだけが先行し、小型化したのに売れないというS15シルビアと同様の流れになったR34。
  • すべては、自動車評論家が作り上げた無知なマイナスイメージであり、実際のR33完成度は非常に高いという結論です。
  • R33デザインが気に入れば、「買い」というまとめになります。
日産
スポンサーリンク
シェアする
査定君のくるま情報

コメント