初代VT250FとRZ250のライバル対決

初代VT250Fの衝撃

CBX400Fとならんで、名車として外せないのがVT250Fだろう。
初期型(FC型)スペック
製造年:1982年 – 1984年
車体型式:MC08
フレーム:ダブルクレードル
エンジン:MC08E型 248cc:水冷4ストロークDOHCV型2気筒
最高出力:35ps/11,000rpm
最大トルク:2.2kg-m/10,000rpm
燃料供給装置:キャブレター (VD6)
変速機:常時噛合式6段リターン
駆動方式:チェーンドライブ
サスペンション:前/レスコピック式・後/スイングアーム式(プロリンク)
ブレーキ:前/インボード油圧式ディスク・後/ 機械式リーディングトレーリング
全長x全幅x全高:2000mm x 750mm x 1175mm
シート高:780mm
ホイールベース:1385mm
車両重量:162kg
20090919 052
20090919 053

ライバル初代RZ250のインパクト

20090919 054
1980年のRZ250の発売により、250ccの排気量で400cc級の性能を発揮。
ピーキーなパワーフィールは400cc以上の速さを感じた。軽快なハンドリングやレーシーなポジションも当時としては衝撃的だった。
車検の無い250ccのメリットとも重なり、2ストロークマシンとして記録的なヒットとなる。
ホンダコレクションホールにも初期型VT250F(FC)とRZ250が展示されている。
RZ250の初期型が展示されていることも当時のホンダにとって伝説的なマシンなのだろう。
ホンダ車も得意の4ストローク高回転エンジンのNR500を半分にしたVツインエンジンを採用したVT250F(FC)がデビュー。
20090919 093
クセのある2ストロークマシンに比べて万人向き名VTは、ツーリングから峠までオールラウンドな性能を発揮する。
また、RZ250を超えるヒットを記録する。
35psのパワーは初代RZ250に並ぶパワーを発揮し、アピール度満点である。
当時としてはめずらしいセミカウルの標準装着、電気式タコメータ。
フロント16インチホイールのクイックなハンドリング。
など当時としては、かなり先進的な装備であった。
その後、VT250Fは、4気筒マシンのCBR250F登場まで4ストロークの主役として君臨していました。

初代VTは、もはや中古車市場で探すのは難しくなっています。

ホンダ
スポンサーリンク
シェアする
査定君のくるま情報

コメント